--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

松嶋初音ってご存知だった?

これからほぼ確実にスターになっていくであろう人のことを、横合いからことごとしく褒めてみたってしょうがない。というようなことは常々思っている。
場末の小さなライブハウスから発掘、とかならともかく。
本当にまったくしょうがない。意味がない。時間の無駄。
それはわかってるんだけど、しかしさっきテレビで見かけた松嶋初音というグラビアアイドルらしき女性タレントがものすごく面白かったのでやむにやまれず一筆。


番組は、TBS「個人授業(プライベートレッスン)~正しい和田アキ子の作り方~」
お題は「人体の不思議学」で、松嶋さんは週変わりのゲストがお決まりで務める家庭教師役。
曲がりなりにも一応、それぞれの分野に詳しいであろう人が毎回キャスティングされているはずのこの番組で、なぜ「人体」の講師役がアイドルなのかといえば、(番組の触れ込みが事実だとすれば)このアイドルが「人体オタク」であるため。
個人的な興味で専門書を読み漁って知識を蓄え、部屋にはグロテスクな人体模型まで置いてある、という体たらくであるらしい・・・って、本当だろうか?(ハタ

でもまあ、それは脇道なんだ、どっちかといえば。(笑)
面白かったのはそこよりもむしろ、このアイドルがものすごく強心臓な上に途方もなく頭の回転早くて、1シーン1シーン次から次へと新機軸を持ち出して場をかき回し、和田アキ子をぐんぐん引っ張っていってたこと。
検索してみたら本人のブログが見つかったけど、これは確かに間違いなく本人の文章だろうね。明確な語り口と文体がある中に、機智と逆説のきらめきのようなものが入り混じって、ときどきすごく面白い。


この人、すでに注目してた人からすればアタリマエもいいとこかもしれないけど、これから絶対に出てくるよ。普通にお茶の間って意味でも確実に出てくるだろうけど、それだけじゃなく何かシリアスな仕事もやって見せてくれたら面白いかもしれない。
・・・と、ここまでのことを書いてるわりにはこの人の最近のブログはわりと普通というか、タレントのブログらしいわりと当たり障りのない記事が続いてるのに気づいたから、ちょっと前の記事の1つにリンク張っとこう。
1月28日付「機関車」

機智とか逆説うんぬんじゃなくこれは思索的な深さの方の賢さだけど、どっちかといえば。
あとはまあ、人生を感じるための感覚器たる身体(健康、と言い換えてもいい)そのもの、に問題を抱えている人へのリアルな視点・・・「楽しんでやる!」ための生命力を持とうにも持てなくなるという絶対的状況・・・はこのリンク先の文章からは欠けていて、そのへんは僕にとっては一抹の寂しさだけど、それはしょうがない。
それがなくても思索として優れているのは確かだし、人間は自分自身の盲点からは永遠に逃れられない。仮に健康問題がこの文章に加味されてあったら、今度はほかの誰かが「しかし自分の境遇は顧慮されてない」と思うだけのことだろう。

僕だって自己破産する人の苦しさなんかはよく知らないし、知らないことはさしあたり度外視してこれまでいろいろ書いてきた。


しかし・・・さらにあれやこれや読んでみると、よくこれだけ好き勝手書かせてもらえてるなあ、売り出し中のアイドルが。(笑)普通なら事務所に止められてるよ、たぶん。
ライターの頭が切れるからといって「いわゆる」暴言や失言、がないとは限らない、いやそれどころか頭が切れるからこそ危ない、というのがネット世論の怖さだと思うんだけど。ましてやこの人の場合、僕と同じで逆説や毒舌を交えたきわどい物言いを好むところがわりとはっきりしてるから。
危なっかしい話にもどんどん言及していくし、さっき検索したとき最初に開いた旧ブログの最後の記事なんか、「このブログが(システム的に)いかに酷いものであったか・別のブログに移れることがいかにうれしいか」がテーマだし。(汗

いいのか、アイドル。
こんなん(↓)で。

あぁそうそう工事といえば


私自分のブログが見れないんだけど何かしらねコレ


嫌がらせかしらね


でももうすぐブログ会社を変えます!


きっと…


なんか今のブログはデザインもひどいしトラックバックもウィルコム駆使しないと私読めないから…
(´・ω・`)


って文句垂れたら変えてくれるみたいっす!


デザインも自分で出来るみたい!

面白い・・・面白いよ松嶋さん。(悶)どうなっていくのかなあ、これから。このヒトは。
過去の素晴らしき問題行動?がすでに記事にもなっているというのに。(笑)
「松嶋初音、日テレ演出めぐりブログで猛批判」(ZAKZAK)
(元ブログ記事「悲しいね、とても悲しいね」
スポンサーサイト
03:36 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

Aロッドは伊達政宗にあらず

もはや我慢の限界。(汗
「Time Slip Major Leaguers 日本歴史人物タイプ列伝(スポーツナビ)第14回:才能あるも天下取り叶わぬ『伊達政宗』タイプ」
スポーツナビ自体は好きなサイトでしょっちゅう見てるけど、この一連のおバカ・コラムだけはいくらなんでも酷すぎる。
ちょっと読めば丸バレというくらいに歴史認識の浅いライターが、適当に過去の人物と現在のメジャーリーガーをくっつけて、タイプ別と称して紹介し続けてきてるんだけど、その内容の手ひどさはこれまでなかなか見たことがないほど極端だ。

そうして挙句の果て、Aロッドが伊達政宗なんだとさ。(涙
Aロッドはわりと僕はどうでもよくて、問題なのは伊達政宗の方。僕が戦国時代でいちばん好きな大名だよ!(知りません
彼のコンプレックスと鬱屈、挫折、開き直りとそこからくる人間的傾斜、文化的感性、燃え残る野心のくすぶり、といったすべてを、なぜあの絵に描いたような典型的エリート・メジャーリーガーに結び合わせたのかと思えば、それはそれらを「才能がありながら頂点(天下)までは届かないもどかしさ」と総括したかららしい。
少なくとも、これを読んだ範囲では。

過去ログを探せばほかにも、これと同類のおバカ記事が毎回のように載ってるんだよ、このシリーズ。(笑)こんな粗末な記事で誰だかが原稿料いただいてるかと思えば、本当に心の底からバカバカしい。
いくら単純化して興味を引く手法といったって、限度ってものがある。軽いノリでも意外と面白い着眼を持ったコラムとか、世の中には腐るほどあるよ。それだというのに、・・・。
だったら読むな、は一見正論のようだけど、なんせスポーツナビの見出し一覧に出てくるんだから、サイト開けば真っ先に。で、見出しだけ見ても「○○は××タイプ」なんて馬鹿なこと書いてあるもんだから、つい見てしまうということになりがち。

いったいどういう人がこういう記事を書かせるんだろう。
書いてる人自身はたぶん、歴史になんか最初から興味のない人だ。文面から見て取れる歴史認識が、仮にも歴史がらみのコラムを書いてるにしては極端に浅いから、それはほぼ間違いない。
でも、そういう人にこういう企画をやらせるのは、いったいどういう・・・ええと・・・管理職(というのか?)なんだ??
やめてほしいよ、あまりにも酷い記事をシリーズ化するのは。本当に。
勘弁してくれ。(苦
03:39 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

愛浜、明浜

この手の動物の赤ちゃんのニュースで、「このネーミング、アリだよ!いいよ!!」なんて思えるのはすごく珍しい気がします。
「名前は『愛浜』と『明浜』 白浜町のパンダ」
姉と弟で「アイヒン」「メイヒン」だそうです。個人的にとても好き。写真はリンク先の記事よりヤフーの「写真ピックアップ」のやつの方が魅力あるかな。

パンダだからって、本場中国に倣って2音×2セットの4音節名ばかり付けることはないよね・・・というより、本場中国は本当にそのパターンを墨守してるんだろうか?なんとなく、そんなことなさそうな気がするんだけどな。(笑)
だいたい、そんな決まりごと守ってたら、中国の場合はあの膨大なパンダ人口(?)にあてがう音が足りまい!いくら音の種類が日本語の比じゃないといっても!!
と、思いながら検索していたら、愛浜・明浜のいるこのアドベンチャー・ワールドという動物園では地名の「白浜」の「浜」を取って、漢字2文字の名前を付ける、というのがどうやら伝統みたいになってるようです。いい伝統だ。

ともあれ、アイヒン・メイヒンは音的な中国情緒もあるし、白浜の「浜」にかけてるという意味で地域的な愛着も集めるだろうし、連続音じゃないというだけでもパンダの名前としては新味がある上に、単純に聞いても美しいし音としてかわいらしい。
このネーミング(~浜)を始めた人はセンスあるなあ。
本当に見事だと思います。誰やら知らないけど僕は拍手したい。
いい仕事したよアンタ。(?
03:33 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

『竜馬におまかせ』を語る@「書き込みを残したい病」発症中?

お友達のmamiさんのブログに、映画『木更津キャッツアイ』シリーズの最終話『木更津キャッツアイワールドシリーズ』についての記述があって。
どうやら、そこでのメンバーたちの解散に際しての人間模様が、ある意味とてもリアルで、見ていて痛みを覚えるほどであるらしい。

そして、それを読むうちに僕が急激に思い出してしまったのが、かつて僕が最も好んだ連続ドラマの1つ、ダウンタウンの浜ちゃんが主演した『竜馬におまかせ』。放送当時は視聴率が低迷したらしいし、そのせいでDVD化もされてないらしくて、今となっては知ってる人も少ないのかもしれないけど。
それでにわかに語りたくなってしまって、熱に浮かされるようにしてmamiさんのブログに書き込んだものの、それでもまだ足りなくて、自分のところにも内容を抜粋して転載したくなってしまったというわけでした。

これで3回連続で似たようなことやってるなあ・・・でも、本当に、泣きそうな気持ちで思い出しながら書いた文章だから。これは。
記念に残しておいても、バチは当たらないと思う。


僕がこよなく愛する『竜馬におまかせ』なんて、ある意味もっとすごかったですよ。(笑)ラスト。
あっちは映画じゃなくて連続ドラマだけど。
最終回の、主要メンバーたちの解散と竜馬の旅立ち、のその瞬間まで、和気藹々としてバカやってる竜馬たちの描写が続くドタバタ・コメディなんだけど、最後に「その後の彼ら」についての短い言及みたいなのが出てきて。

風雲急を告げる幕末の、史実を生きた人物たちの人生だから、大半はやっぱり非業に倒れるわけですよ。切腹とか斬首とか暗殺とか。
それを、ドタバタもののドラマとしてのテイストを保ちながらも、包み隠さず、はっきりと視聴者に告げる。○○は竜馬とともに海援隊に参加、活躍するも仲間に疑われ切腹・・・とか、ひとりひとり紹介される中で、ほとんどみんな数年のうちに悲惨な死を遂げたことが知らされる。
僕は史実を知った上で見てたから、その生々しい現実に改めて衝撃を受けながらもなんとか大丈夫だったけど、ただの歴史ものの楽しいドタバタドラマとして見てた人たちは、比較にならないほどショックだったかもしれない。

でも、僕は、あの演出は、史実から逃げなかった演出家を褒めたいんですよね。
あんなに毎度毎度バカをやって、一生懸命生きてきた彼らは、でもそんな過酷な時代を生きてたんだぞ、と、最後の最後で視聴者に告げたかったんだと思う。
単に視聴率的な兼ね合いとか苦情が来る来ないとかいう条件から判断するなら、最終回の最後の最後でのあれは、リスクばかりが大きくてメリットは少なかったと思うし、一緒に見てた弟は現に後で「実はちょっと嫌だった」と言っていたくらいだから。
あれがあったからこそ、彼らの短い、輝ける日々が、むしろいっそう際立つ。実際、僕にとって、あれは本当に忘れがたい作品になっています。

(後略)
02:38 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

カワズ君の転落と民放各局女子アナ論

テレ朝の「くるくるドカン」という番組、面白くてけっこう頻繁に見ていたけど、先週からリニューアルして「カワズ君の検索生活」というタイトルに変わった。
で、どうなったか。
先日、初回の放送を見たところ、メインのタレント陣はほぼ同じメンバーが残留しているにも関わらず、カビが生えたようにつまらない番組に成り果てていた。
どうしてこういうことをするんだろう、テレ朝のお偉方?こんなゴミみたいな番組にしてしまうくらいなら、きれいに終わらせてしまった方がよっぽどマシだ。
個人的に、この件ではテレ朝への採点をけっこう大きく下げました。

民放各局の採点ってことに関していえば、バラエティ好きの僕はフジテレビが好き。総合格闘技「プライド」の放送停止では心底ガッカリしたけど、全体に他局より質は高いように感じる。
特に、女子アナ云々・・・ってことをいい始めてしまうと反発を感じる向きも多いんだろうと思うけど、でもあれだけ視聴者を引っ張れる顔を次から次へと送り出す「プロ野球ニュース」~「すぽると!」あたりの編集陣は、やっぱり特殊な才能の持ち主たちなんだろうと思うよ。アナウンス技能の優劣についての議論はともかく、人を引っ張る才能って意味においてはみんなそろって質が高い。
ただなぜか、フジテレビは男性アナウンサーの質ではからきし平凡で、僕が気持ちよく見られる程度の人は有名な三宅さんをはじめとする数名でしかなかったりもするけど。
「ネプリーグ」とかに出演してるのを見てると、教養ないんだもんなあ、どいつもこいつも・・・。(ブツブツ

まあ、男性アナなんかはこの際どうでもいい話が混乱するからひとまずおいておくとして、民放各局の女子アナ論を続ける。
「カワズ君」で大失敗をやらかした愚かなテレ朝にだって、「銭金」でネプチューンのアシスタントをやってる前田さんとか、夕方の小宮悦子メインのニュースでサブキャスターをやらされてる松尾さん(これまでに見かけた範囲では小宮さんよりよほど優秀に見えて仕方ない)とかはとても優秀と思うけど、フジテレビのようには粒がそろわないんだよね・・・というより、もっと遠慮ないことをいってしまえば、僕が「この人は大丈夫だな、きっと出てくるな」と直感したような人たちが必ずしも表舞台で重用されてない、という印象がある。
そこをいくと、フジテレビはその逆で、僕が第一印象で「だ、大丈夫か?」と思ったような怪しげな人でも、数ヶ月すると必ず抜擢に応えて素質のあるところを証明してみせる、という人事の魔法のような現象が当たり前のように起きてるんだよね、ここ数年。
ああいうのには惚れ惚れする。

なのでテレ朝は、そういう部分ではまったくフジテレビに太刀打ちできてないように僕には思えます。
とはいえそのテレ朝だって、僕の個人的民放ランキングの2位につけているので、他の各局に至ってはそのへんの事情はもはや押して知るべし、って話になってしまうわけですが。
カワズ君番組の改悪を怒っていたはずが、なんでにわかに女子アナ論を語りだしてしまったのか、自分でも理解に苦しみつつも、今日はこのへんでひとまず筆を置きます。
03:59 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。