--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

表現の自由?

この賞自体は決して公的なものじゃなく、エクストラ・ブラデッドとかいう大衆紙が主催しているものだってことだけど、つくづく無神経だと思う。
「風刺画掲載紙に報道賞 表現の自由守ったと評価」

 コペンハーゲンからの報道によると、イスラム教預言者ムハンマドの風刺漫画を昨年9月に最初に掲載したデンマークの日刊紙ユランズ・ポステンが23日、「脅威にさらされた表現の自由を数カ月にわたり守った」との理由で、同国内の報道機関に与えられる「ビクトル賞」を受賞した。
 大衆紙エクストラ・ブラデッドが主催する賞で高い権威を持つとは言えないが、授賞式にはユランズ・ポステンの編集長も出席しており、デンマークに対するイスラム諸国の反発があらためて拡大する可能性もある。

警告!絶対にマネをしてはいけない「ブッシュ君」英語集―正しい英語例つき表現の自由を守ったというけど、そういうものは常に双方向で考えなきゃいけない。風刺画の中には、爆弾の形をしたターバンを巻いたムハンマドの姿など、風刺というにも値しない落書きもあったってことだから、まず最低でも、それと同レベルの戯画がイスラム紙に載っても顔色一つ変えないだけの覚悟がないと。
たとえば、アメリカと十字軍の小旗を持った太っちょな赤ん坊のイエス・キリスト(後光が差している)が、幼稚な笑みを浮かべながらテーブルの上のイスラム寺院の形をした誕生日ケーキか何かをトンカチでバンバン壊していて、せっかくケーキを作ってくれたお母さん(聖母マリア)がエプロン姿で頭を抱えてる構図。どう、イスラムの報道従事者さんたち、この構図200万で買わない?(←資本シュギシャ

そして、デンマークの愚かなマスコミがやったのと同様に、そういう文化と呼ぶにも値しないレベルの戯画を、いくつも集めて面白半分に掲載されたときに、おおこれは表現の自由だ、さすがイスラム、と悠々と見ていられるだけの広やかさが、果たしてデンマークのマスメディアや国民たちに備わっているものかどうか。
そういう視点や気概がなかったら、表現の自由なんて言葉はそれこそ盗人猛々しいの見本くらいにしかならない。
スポンサーサイト
16:12 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

電気用品安全法が記事になった

僕だって知らなかったんだから大きな声で文句は言えないが、初動の遅れたマスコミがようやく記事にしてくれたことはいいニュースだと思う。
「『名機』が販売禁止に 4月に迫る『電気用品安全法』」

「中古品販売事業者の方やAVマニアの方が困っていらっしゃるのは承知している。しかし製品が法律の対象となっている限り、ご理解いただくしかない」(経産省)

なんて暴論を見過ごすわけにはいかないでしょう。
製品が法律の対象となっている限り云々、というのは明らかに初めに法律ありきの考え方だけど、実際にはその法律は明らかに不当と考えられるレベルで国民の自由を侵害している。
大きくいえば、ビンテージ楽器を入手して行う表現の自由をすら圧迫している、とだっていえなくはない。

要するに、表現の自由その他を保障した憲法に対して、直接的に違反こそしていないが、その法の精神という意味においては明らかに逆らう内容になっている、というのが音楽マニアのハシクレたる僕の立場から見たこの法の致命的な問題点だ。
この法の推進者たちのやるべきことは、この愚かしい法律の墨守を呼びかけることじゃなく、この法の適用範囲を、「○年○月○日以降に生産された電気製品」といった具合に短く切ることだろう。
ごくごくシンプルに、たったそれだけの修正をすることによって、このことにまつわる全ての問題が氷解する。

一度、間違えた立法をしてしまったことは、国会の審議の行き届かなさというべきだし、その周知徹底の不十分は経産省の不手際というよりほかはないが、そのことはまだ補いがつく。
むしろ、後から補いのつけられないような硬直した立法のシステムがあるとしたら、そのことの方がたぶんよほど問題だ。
04:04 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。