--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

「在日特権」という名の都市伝説が生まれつつあるらしい

最近ネット上の一部世論の間に熱狂的盛り上がりを生んでいると評判の、「在日特権」についての理性的検証記事。
「在日特権は存在するのか」
ついでに、某所で挙げられていた「在日特権」がらみのデマ一覧。ほぼコピー&ペースト。

※以下、すべてデマです(念のため)※
●固定資産税の減免
●民税・都民税の非課税
●軽自動車税の減免
●国民年金保険料の免除
●心身障害者扶養年金掛金の減免
●都営住宅共益費の免除住宅
●都営住宅入居保証金の減免または徴収猶予
●水道基本料金の免除
●下水道基本料金の免除
●水洗便所設備助成金の交付
●放送受信料の免除
●都営交通無料乗車券の交付
●JR通勤定期券の割引
●ごみ容器の無料貸与
●廃棄物処理手数料の免除
●保健所使用料・手数料の滅免
●都立高等学校・高等専門学校の授業料の免除
●仮名が公式書類にまで使える。(会社登記、免許証、健康保険証等)
●生活保護について「家族の人数×4万円+家賃補助5万円を支給」(金額については諸説あり。仕事を持っていても給付対象から外されないなどの風説も)
※以上、デマ一覧でした(念のため)※

たしかにネット上には、どこの誰とも知れない誰かの書き込みを一読しただけで鵜呑みにして、たちまち受け売りを始めちゃうような人たちもいるからねえ。(笑)そのせいで、バカみたいな噂でもネット上ではあんがい簡単に信憑性を得て暴走できてしまうんだよね。

まあ、そういうのに弱い人たちも、リンク先記事をがんばって読めばちょっとは「簡単には引っかからないセンス」みたいなものを会得できるよ。正しい「検証」の姿勢と実例に触れることができる、という意味で。
大事なのは情報に接したとき、鵜呑みにしないでまず自分で検討し反芻し、必要なら信頼するに足るソースに直接当たって確認し、持論と呼ぶに足るものにまで突き詰めること。そして、それ以前の段階では決して安易に公の場(掲示板とかね)で生煮えの情報をアナウンスしないこと。
そのくらいのことはきっちりわきまえないと、ネット上って場所では誰しもデマに踊る愚民への道を一直線ですのでご注意。
スポンサーサイト
04:36 | 映画批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

JASRACの闇と利権と傲慢について

ジャスラックには心底ガッカリ。
「"ジャスラック動く" 外国曲をハーモニカなどで生演奏、73歳スナック経営者逮捕」

警視庁石神井署は8日、東京都練馬区石神井町3、飲食店経営豊田昌生容疑者(73)を著作権法違反の疑いで逮捕した。

調べによると、豊田容疑者は今年8、9月、経営する同区内のスナックで、日本音楽著作権協会と利用許諾契約を結ばずに、客の求めに応じて、同協会が著作権を管理するビートルズの「イエスタデー」など外国の曲計33曲をハーモニカで演奏したり、ピアニストに演奏させたりした疑い。

豊田容疑者は1981年にスナックを開店して以降、生演奏を売りにしていた。
同協会では契約を結ぶよう求めていたが、従わなかったため、今年9月、同署に刑事告訴していた。

(中略)

36 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/09(木) 13:54:23 ID:ko8DY3Dg0
「○○ちゃんお誕生日おめでとー」「おめでとー」「おめでとー」
「みんなありがとう~」
「さ、○○、ろうそくの炎を消して。」
「うん、ふ~~~」
「わー、ぱちぱちぱち、じゃあ、お歌を歌お~」「うん」
「はっぴば~すで~とぅゆ~、はっぴば・・」
ピンポーン
「あら、誰かしら、こんな時に。ごめんね、みんなちょっと待ってて。どなたですかー?」
「JASRACの者ですが」

この手の団体に功罪あるのは当然だ。でも、こういう低レベルな負の面が放置されたままになっているのが許せない。自浄能力がないのなら、一度憎まれて徹底的に叩かれてしまったほうがいいのじゃないかという気がする。
身もフタもなく杓子定規な権利固守・法律墨守主義者は音楽の世界に必要ない。せいぜい、この手の記事がただの怪文書であってくれることを祈りたいもんだね。(毒

♪Let me tell you how it will be.
 There's one for you, nineteen for me.
 'Cause I'm the JASRAC. Yeah, I'm the JASRAC.
 (──JASRAC!!──)
 And you're working for no one but me...

(c)Beatles"Taxman"より変詞曲"JASRAC"

有名人(≒有力者、という悲しい現実)ではたぶん、坂本龍一さんがいちばん意識的に動いている人。ひょっとしたらこの問題についてもなんらかの声明を出してくれるかもしれないとうすうす期待しているんだけど、どうかな。
何にせよがんばりなよ、豊田容疑者。JASRAC関係者を除く、ほとんどありとあらゆる音楽人がアンタの味方だよ。
04:03 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

中田浩二の鹿島復帰説に寄せる期待

わが鹿島アントラーズのサポーターには、いいたかないけど絵に描いたような田舎者もいて、中田浩二のことを未だに「ユダ」呼ばわりしていたりする。でも、鹿島というクラブは決してフロントまでもが田舎者の集団ではないということを感じさせてくれたという意味で、これは相当いいニュースだと思う。
「浩二がスイスリーグから鹿島復帰へ」

むしろ1度しかない選手生活の中で夢を貫いて、結果として一部サポーターに叩かれても腐らず、移籍先で挫折を味わっても歯を食いしばってがんばりぬいたほどの選手だから、今の鹿島からすれば「欲しい」んだろうと思うね。
帰ってくる云々という言い回しが出てきてしまうのは仕方ない面もあるし、僕も実際彼が帰ってくれば「おかえり」といいたくなってしまうだろうと思うけど、強化策という意味ではそういうビジョンじゃなく、純粋に選手として見たときに「欲しい」のであれば取ればいい。
ただそれだけのことだと思う。

個人的には過去のあれやこれやも含めて、ちゃんとした自我を持った優れた選手として評価しています。
むしろあんな千載一遇のチャンスに、積年の「世界でやってみたい」という夢を二の足踏んで逃がしてしまうような選手なら、今の鹿島に帰ってきたところで、果たして役に立つかどうか。揃いも揃って足並み揃えて、いつになってもどこか吹っ切れない中堅チームの一員として「溶け込んで」しまうだけじゃないか?と思う。
鹿島フロントは久しぶりにいいところに目をつけたかもしれない。

今の鹿島には、強い自我を持った選手が必要です。1人の存在感だけでチーム全体を変えられる可能性のある、MFというポジションならなおのこといい。
バーゼルではDFをやってるとはいっても、日本ではとうぜんボランチに戻るだろうから、補強ポイントとしてもベストとはいわないまでも決して的外れではないと僕は思う。
13:46 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

『竜馬におまかせ』を語る@「書き込みを残したい病」発症中?

お友達のmamiさんのブログに、映画『木更津キャッツアイ』シリーズの最終話『木更津キャッツアイワールドシリーズ』についての記述があって。
どうやら、そこでのメンバーたちの解散に際しての人間模様が、ある意味とてもリアルで、見ていて痛みを覚えるほどであるらしい。

そして、それを読むうちに僕が急激に思い出してしまったのが、かつて僕が最も好んだ連続ドラマの1つ、ダウンタウンの浜ちゃんが主演した『竜馬におまかせ』。放送当時は視聴率が低迷したらしいし、そのせいでDVD化もされてないらしくて、今となっては知ってる人も少ないのかもしれないけど。
それでにわかに語りたくなってしまって、熱に浮かされるようにしてmamiさんのブログに書き込んだものの、それでもまだ足りなくて、自分のところにも内容を抜粋して転載したくなってしまったというわけでした。

これで3回連続で似たようなことやってるなあ・・・でも、本当に、泣きそうな気持ちで思い出しながら書いた文章だから。これは。
記念に残しておいても、バチは当たらないと思う。


僕がこよなく愛する『竜馬におまかせ』なんて、ある意味もっとすごかったですよ。(笑)ラスト。
あっちは映画じゃなくて連続ドラマだけど。
最終回の、主要メンバーたちの解散と竜馬の旅立ち、のその瞬間まで、和気藹々としてバカやってる竜馬たちの描写が続くドタバタ・コメディなんだけど、最後に「その後の彼ら」についての短い言及みたいなのが出てきて。

風雲急を告げる幕末の、史実を生きた人物たちの人生だから、大半はやっぱり非業に倒れるわけですよ。切腹とか斬首とか暗殺とか。
それを、ドタバタもののドラマとしてのテイストを保ちながらも、包み隠さず、はっきりと視聴者に告げる。○○は竜馬とともに海援隊に参加、活躍するも仲間に疑われ切腹・・・とか、ひとりひとり紹介される中で、ほとんどみんな数年のうちに悲惨な死を遂げたことが知らされる。
僕は史実を知った上で見てたから、その生々しい現実に改めて衝撃を受けながらもなんとか大丈夫だったけど、ただの歴史ものの楽しいドタバタドラマとして見てた人たちは、比較にならないほどショックだったかもしれない。

でも、僕は、あの演出は、史実から逃げなかった演出家を褒めたいんですよね。
あんなに毎度毎度バカをやって、一生懸命生きてきた彼らは、でもそんな過酷な時代を生きてたんだぞ、と、最後の最後で視聴者に告げたかったんだと思う。
単に視聴率的な兼ね合いとか苦情が来る来ないとかいう条件から判断するなら、最終回の最後の最後でのあれは、リスクばかりが大きくてメリットは少なかったと思うし、一緒に見てた弟は現に後で「実はちょっと嫌だった」と言っていたくらいだから。
あれがあったからこそ、彼らの短い、輝ける日々が、むしろいっそう際立つ。実際、僕にとって、あれは本当に忘れがたい作品になっています。

(後略)
02:38 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

ナビスコ杯決勝、鹿島の敗戦に寄せて

某所Mでの自分の書き込みを保存(2)。わりとよく書けたので、というナルシスティックな事情(2)。
お題は、ついさっきまで見ていた鹿島アントラーズのナビスコカップ決勝での敗戦について。

野沢も深井もとてもよかった。でも身もフタもないことをいえば、『捨てるには惜しすぎるけど全幅の信頼を置けるほどではない』クラスの選手が今は多すぎる、という気がします。

過酷なようだけど、もしクラブの予算に余裕があるなら、かつてのレオナルド~ジョルジーニョ~ビスマルク、に匹敵するような、中盤で絶対的な存在になれるブラジル人MFを取って、とにもかくにもチームを勝たせるところから始めるしかないのでは。アウトゥオリだけに責任を押し付けるのには無理があると思う。
だいぶ古い話になりますが、ベンゲル監督時代の名古屋にしたって、ストイコビッチがいなければあそこまで勝てなかったでしょう。

結果として誰が犠牲になるか、野沢か増田か深井か、あるいはコンバートの連鎖の結果として青木あたりになるか。新加入の選手のタイプによっても変わってくるでしょうけど、そのことがどんなにチームとして痛くても、とにかく勝たせないことには始まらない、と思います。
逆に、それだけの選手を取る予算がもしないのだとすれば、この低迷は今後もだいぶ長引くかもしれないですね・・・。
16:25 | 映画批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

司馬遼太郎『菜の花の沖』『歳月』推薦文

某所Mでの自分の書き込みを保存。わりとよく書けたので、というナルシスティックな事情。
お題は某さんの「司馬遼太郎作品の個人的な食わず嫌いである『俄』『菜の花の沖』『風の武士』『歳月』の4作品について、お薦めのコメントをよろしく」というもの。

本『菜の花の沖』は途中からすごくスリリングになっていって、読み終わるのが惜しいほどでした。史実に根ざした冒険小説ですね、あれは。
読みだす前にあれこれ考えてしまうと、時代背景なんかがちょうど中途半端な時期に思えて、「そもそも何がテーマ?」なんて疑問が頭をよぎってしまうかもしれませんが、いったん読み始めてしまえばやっぱりその時代時代の息吹みたいなものがあって、退屈はしないものなんだなあと気づきます。というか、僕は気づかされました。(笑)
傑作だと思う。


『歳月』は、『竜馬がゆく』『翔ぶが如く』『燃えよ剣』『世に棲む日日』『花神』『峠』『胡蝶の夢』といったあたりを軒並み読み終えて、その後に手を出すのであれば、絶対に後悔しないと思います。
これは逆説ではなくて、文字通りの意味で。
なんで今さら江藤新平?この時代のことはもう一通りわかったよ、という程度の心境になってから読み始めると、歴史観の隙間が面白いように埋まっていくのがわかる。
また、『関が原』で石田三成の思いがけない一面(解釈)に目が開かれるように、『歳月』では江藤新平が決して死ぬべくして死んだヒステリックな小人物ではなかったことに気づかされます。

その一方での歴史のうねりの凄まじさ、過酷さ、というようなものが恐ろしくリアルに伝わってきて、なぜ江藤新平は暴走し死ななければならなかったか、というその背景(への有力な一解釈)が見えてくる。
幕末から明治初期にかけてのある程度の歴史観を持てた後に読めば、なかなかほかにないほど面白いです。


ほかの2編に関しては僕はまだ読んでいないのでよくわかりません。
ちょうどそのあたりの作品群が、僕も食わず嫌いのようです。
13:44 | 書籍批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

女子バレーボール台湾戦の惨敗に思う

柳本さん、あれはないよ。
「日本女子、黒星スタート 世界バレー開幕戦」
第2セット前半から、僕はずっと「今日の宝来はダメだ、杉山を出せ」と念じ続けていた。実際に柳本さんがその交代をしたのは第4セットも劣勢に立ち、敗色濃厚になってからのこと。杉山が入って以降、僕の目論見どおりに(いや、正直にいえばその水準をもはるかに超えて)日本は立ち直り、猛追を見せたものの及ばずに、結局第4セットを僅差で落として敗戦となったわけだけど。

あまりにも決断が遅すぎる。テレビの前で見てるド素人より丸々2セット近く遅い。あれじゃ劣勢の試合を盛り返せないよ。しかも、これはド素人のまぐれ当たりじゃなく、宝来の火を見るより明らかな精彩のなさと、杉山という選手の逆境での強さとを、ごく普通の意味で正常に把握し判断できているか、というレベルの問題でしかないと僕には思える。
あるいは、柳本さんはチームを作る上では天才的でも、現場指揮官としては疑問符が付くタイプの才能なのかもしれない、とすら今日は思った。


宝来は1,2年前のある時期、ずいぶん動きがよくなって、僕もだいぶ買っていた。それだけに、柳本さんが杉山を差し置いて今回スタメンに起用しているということは、そのときのいい状態が少なくとも持続している、あるいはそれ以上によくなっていることなのだろうと僕はとうぜん期待した。
でも、実際は違ったね。もちろん、初戦で固くなってたってことはあったのかもしれないけど、一度は克復された彼女の欠陥がものの見事に再現して、要するに今日に限れば、退化していた、宝来は。

よくなってきた時期は、よほどの筋力アップでもあったかと思うほど、見違えるような強打を見せていたスパイクが、すっかり小さく、かつての「物足りない」「身体大きいのにスケールちっちゃい」宝来スパイク、に逆戻りしていたよ。
あの状態の宝来を、敗色濃厚になるまで引っ張り続けたあの決断力のなさには、率直にいってかなり幻滅した。我知らず、テレビの前で罵声を発してたよ。なんで替えない。何のために杉山をメンバーに残した?と言って。


この素晴らしいチームを作ったのは柳本さんの手腕だから、批判しようにもためらいはよぎるけど、でもこの問題はぜひご本人にも認識してほしい。
チーム作りには天才的でも、現場指揮官としては必ずしも優れていないかもしれない、という自己認識を持ってほしい。そうして、試合前の時点で想定する状況数、それに対する読み込み済みの選択肢の数、を今まで以上に増やしていかないと、今後も強豪相手に競った試合なんかでかなり苦しいんじゃないかと思うよ。

今日みたいな無策ぶり(実に2セット近くに及ぶ、僕から見れば事実上の沈黙状態)を、強豪相手の試合で見せたら惨敗は間違いなしだし、2セットじゃなくほんの5,6ポイントの間の空白であっても、それは決定的な5,6ポイントになってしまいかねない。
大好きな代表チームだけに、次戦以降の、選手たちのみならず柳本監督ご本人の立ち直りに大いに期待。残念ながら明日は僕は治療日だから、たぶんテレビは見られないのじゃないかと思うけど。
04:53 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。