--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

西原理恵子「毎日かあさん」を100%擁護する

あまり書き言葉としては見たくない言葉だけど、今日は遠慮なく使う。
「馬鹿はこれだから嫌いだ。」
「『毎日かあさん』論争、表現の自由か教育的配慮か」

 問題となったのは、授業参観の場面。主人公の母親が、落ち着きのないわが子を含む児童5人を「クラスの五大バカ」と表現し、ユーモアを交えつつ、子どもの成長を見守る内容だ。
 この場面が紙面に載った直後の昨年11月、長男の担任の女性教諭(40)が西原さんを学校に呼び出し、「迷惑している」「学校を描かないでほしい」と注文をつけた。
 西原さんは翌12月、毎日新聞社の担当者と同小学校に出向き、校長らに「保護者だからといって、編集者を通さず作者を直接呼びつけるのは非常識だ」と抗議。校長らは「学校に落ち度はない」と主張したという。
 西原さんは、父母の一部から「学校とトラブルを起こすならPTA活動に参加しないでほしい」と告げられたのを機に、今年6、7月、弁護士を通じて市側に「作品はあくまでフィクション」「公権力による表現の自由の侵害ではないか」などの文書を送った。これに対し、市側は、「他の児童や保護者への配慮をお願いした」「作品中に『武蔵野市』の固有名詞もあり、児童の人権に教育的配慮を求めることは当然」などと、8月までに2回、文書で回答した。
 西原さんは「フィクション作品の内容に介入するのは納得できない。子どもを学校に預けている立場上、作品を描くこと自体をやめろと言われたに等しい」と憤る。(読売新聞)


毎日かあさん カニ母編うちはぐうぜん毎日新聞を取っているので、問題の「毎日かあさん」という漫画のことはよく知っている。インターバルの短い読み切り連載だけに出来不出来こそあるものの、全体としてとても温かい、魅力的な漫画だということは保証してもいい。

表現の自由ということについて理解の浅い担任教師が無感覚に作者の西原さんを呼び出したのをきっかけにして、学校/武蔵野市側は理も非もなく引っ込みがつかなくなっているだけではないのか。
学校を舞台にするなといたって、べつに作品中で学校名が名指しされているわけでもなんでもない。単にエッセイ的な切り口で、母の立場から子育ての喜怒哀楽をドタバタと表現しているだけだから、「エッセイ的要素および、若干のノンフィクション的要素がある」という一点を除いては、要するにただの質のいい連載漫画なのだ。

彼らの主張は、ほとんどフジコフジオに向かって「本当の学校では、あんなに0点は付けません!」と詰め寄っているのと同断だ。あるいは、「『ノビタ君』とあだ名を付けられていじめられる子が出ている」とか。そんな支離滅裂さ加減で「迷惑している」「学校を描かないでほしい」も何もない。これが表現の自由を侵害する職権濫用でなくて何だというのか。
重大な問題だと思うのであえていうが、この手の感受性の欠落した担任教師などは子供の成長に害悪をなすだけで存在意義はまったくない。報道の内容に誤りがないのなら(←ここは非常に重要な前提。以前も以後も同様)、もう子供を教えるなどという不似合いな真似はやめて引退してもらいたい。


また、中立の立場で仲裁に回るべきところをそうせずに、「学校に落ち度はない」と言ったという校長、さらにその校長を支持する武蔵野市の公僕連中には、果たして学校生活を取りまとめる職責を果たすだけの問題処理能力があるといえるのか?こちらももちろん、読売新聞の報道に名誉毀損レベルの根本的な事実誤認がある、というのなら大いに反論すればいいだろうが、そうでもない限り、さっさと辞表の準備でも始めた方がいい。
表現の自由をスポイルするどころか、むしろ大いに伸ばすのが教育の責務だ。報道内容を見る限りにおいては、彼らの行為はほとんど、職責に対する反逆に等しい。

さらにまた、「学校とトラブルを起こすならPTA活動に参加しないでほしい」という立場に組して、あまっさえそれを西原さんに直接告げたと思しき「一部の父母」。もちろん圧倒的に少数派だろうとは思うものの、彼らはいったいどういう教育をわが子にしている連中なんだろう。たとえばわが子がクラスではみ出したとき、彼らは何と言って手を差し伸べることができるというのか?
こういう種類の馬鹿はこの世から消えてほしいと切に思う。
スポンサーサイト
18:06 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。