--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

民主党代表選挙・前原氏の選出について

菅さんを100%応援していた。が、前任の岡田よりは希望も持てる印象。
「民主党:新代表に前原氏 菅氏に2票差」
前原さんもあながち捨てたものではないかもしれない、と思い始めた2,3日前から、意識的にニュースで言動を収集してみていた。さらに今日は集計作業のあたりからNHKを見ていて、就任の挨拶も見た。
その感想としては、現時点ではもちろん菅さんに及ばないものの、そんなに悪くもないかも、と。

ここしばらくの選挙運動の間で、自分が党首になったら、ということをリアルに考え抜いたんだろうね。まだちょっと挙措に腰が低すぎる感こそあるものの、言動がずいぶん練れてきてる。
「民主党を戦える集団に~」なんて抽象的なキャッチはどうでもいいけど、「すべての重要法案に対案を」ってあたりの策は僕が岡田に対して激昂していたまさにその弱点を補おうとするもので、課題意識は共通してる。
ただもちろん、日本政界にマニフェスト選挙を導入した策士・菅さんはナチュラルにそういう方面の感覚は持っているから、べつにこの一点において菅さんより勝るというような要素ではないわけだけど。

僕としては、今回は前原さんには善戦して敗れてもらって、菅党首の下で有力なポストにフィーチャーしてもらって、菅~前原のリレーのいずれかの段階で民主党内閣、という青写真をなんとなく描いていたけど、結果の方がそれよりやや先走ってしまった。前原さんが党首で、それを(あわよくば)菅さんが後見、と。
正直、残念だけど、ただ当初恐れていたほどの失望感もない。
前原さんという人がどの程度、今のテンションを維持してやれるのか、それとも岡田同様に馬脚を顕して内向きの言動に終始しだすのか、注意深く見守りたいと思う。
スポンサーサイト
17:24 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。