--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

西武・松坂の移籍騒動に思う

いよいよ本腰?本気ならぜひともがんばってみてほしいね。
「松坂 Aロッドの代理人と契約」
球団代表の黒岩さんは「こちら側の態度は一貫して変わらない」と言うけど、去年の交渉時に球団上層部が「誰もが納得する成績を上げれば」という条件付きながら容認姿勢を示した以上、「一貫して変わ」っていない、とはとうてい言えないでしょう。
口約束だから?発言した人が実権を失ったから?
たしかにあんな程度の口約束で納得してしまった松坂は甘かったとは思うけど、球団側がまったく負い目を感じないとすればそれは滑稽だよ。今まさに不義理を働きつつあるのは、松坂サイドじゃなく球団側なんじゃないかと僕は思うね。どっちかといえば。
実際、松坂は味方の援護のひ弱さから勝利数こそ伸びなかった(14勝13敗)ものの、『防御率2・30、15完投、226奪三振はいずれも自己最高だった(スポニチ)』のだから。

松坂世代そしてもう1つ言うなら、南米のサッカークラブなど自立したスポーツ団体は、エースやホープが他国リーグなどに引き抜かれていなくなるときにジタバタ騒いだりはしない。騒ぐのはサポーター(ファン)にまかせておいて、ただ冷静に、「高く売る」ことに徹しようとする。
そして、それで得た金を元手にユース組織を充実化したり設備投資したり、もしくはよそのクラブの有力選手を引き抜いたりして、チームの魅力および戦力をかえって高めていこう、という考え方をする。
日本野球界にも、今や現実としてエース級選手が流出していきがちな土壌ができてしまっている以上は、いつまでも「べし・べからず論」に甘えていないで、少しは研究してみたら?・・・ということも思う。
仮にもプロ・ベースボール・クラブなんだろ?セイブっていうのはさ。(毒
松坂に引けを取らないだけの、インパクトのある補強を検討して、そのための元手を計算して、それを上回る額を松坂と引き換えに確実に確保する算段をすればいい。そして、その補強戦力を大いに喧伝して、ファンに訴えかけて、来季の成績と動員とを伸ばしていけばいいんだよ。
スポンサーサイト
03:47 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。