--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

韓国マスコミのばらつき具合

まあ、こういう記事も出てしまうというのが今現在の韓国マスコミの現実でもある、というところなんだろうね。残念だけど。
「【噴水台】屈辱」

そのイチローが唯一、韓国戦に関しては刺激的な言葉を残した。韓日スーパーゲームが開かれた97年には「ボールからニンニクの臭いがのせられてきてクラクラする。ボールが打てない」と語った。今回のワールド・ベースボール・クラシックを控えて「韓国野球に30年は日本に手を出せないと思わせたい」と大言壮語した。16日に韓国に敗北した後には、「私の野球人生で最も屈辱の日」と憤りを隠せなかった。汚い言葉を吐きながらとフェンスを蹴る‘侍イチロー’の姿がメディアに大きく報道された。絶対強者の崩れた表情に市民が久々に痛快な気持ちになっている。朴賛浩に尻を蹴られる‘イチローの屈辱’と題された合成写真がインターネットでは最高の人気だ。屈辱という単語に込められた二重性がはっきりと表れた場面だ。

イチローのすべてがいいとは僕は思わないけど、こうやって断片的な情報を適宜拾い集め、クソ意地悪いだけの論難文にでっちあげる程度のことなら誰でも、誰に対してでもできる。中でも、比較的言動の安直なイ・スンヨプなんか、狙おうと思えばいくらでも狙えるよ。
ただそれを、するか・しないか、するとしても筆者自身がどう品格を保つか、というところで明暗を分けているだけだ、日韓マスコミは。・・・まあ日本マスコミにだって問題は山積みだけど、ことをゴシップレベルの記事ってことに限っていえば。

これを受けて以下、中央日報自由掲示板に書き込みかけて、バカバカしくなって投稿するのをやめた記事を転載。

朝鮮日報にしてもそうですが、日本の大手マスコミとの違いは、上質な記事と低劣なゴシップ記事とが同一の紙面に載ってしまう、という点にあるように思います。

具体的にいうなら、日本であればこのような
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=73784&servcode=100§code=120
あからさまに程度の低いゴシップ記事は、相応のゴシップ雑誌に載るのが限度であって、れっきとした新聞などには載りません。
大手の新聞などは、品格を汚すことを嫌ってこういう記事やコラムは載せませんし、まかり間違って載せてしまったとすれば、そのときは当の日本人読者から非難轟々、というような事態になります。

なぜ韓国ではこのような低劣な記事が、中央日報や朝鮮日報ともあろう大手マスコミの手で配信されてしまうのか。
これはむしろ、自国の体面を汚す報道姿勢というべきではないのか、という点に深い疑問を覚えます。

ことさらにこれを書いたのは、すでに自由掲示板にしごくまっとうな「中央日報への抗議」と題する批判文が出ていて、それを応援したくなったからだけど。
こういう記事(コラム)を出すことはそのメディア自体の価値を下げるものだし、メディアの価値が下がればまっとうな記事(たとえばこんなのとかこんなのとか。いずれも中央日報)を書いているまっとうな記者たちが気の毒だ。

上に挙げたのはコラムであって、偏向著しい個人(署名によれば「パク・ジェヒョン社会部門次長」)の意見が反映されやすいと考える人もいるかもしれないけど、じっさい普通の記事であっても、こんなのが載っちゃってるんだよね、中央日報は。(笑)
「<WBC>‘侍’イチロー、試合前の‘豪語’は‘ヒステリー’で終わる」
ソン・ホジュンとかいう記者が書いたものだけど、こういうのが野放しになってるうちは、野球はともかくマスメディアの成熟度においては、日本は韓国に永遠に負けないな、と思うね。
スポンサーサイト
01:16 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。