--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

エナンが好きだ。なぜなら伊達と似てるから。

この試合は終わりの方だけちょっと見た。
「強打のライバルほんろう 決勝へ自信示すエナン」
相変わらずサーブが弱いけど、ピンとはりつめた精神力のもと、技が冴えて、いつもの通り魅力的なエナンのテニスだったよ。

解説の伊達さん、近いタイプの選手だけにエナンのことは手に取るようにわかるだろうに、謙虚すぎてときどきおかしい。(笑)もっと断定してしゃべっちゃっていいと思うけど、伊達さんなら。
体格のひ弱さからくる避けがたいサーブの弱さを、極端なまでに研ぎ澄まされたリターン能力で補い、当時の女王グラフを相手にシュールなまでのブレイク合戦(グラフが自身のサービスゲームをあれほど落としまくる相手はほかにいなかった。一方、伊達の方もまた、自分のサービスゲームをキープする能力に悲しくなるほど欠けていた。勢い、試合はいつもブレイク合戦となり、キープゲームの方が少ないかのようなキテレツな展開になることも少なくなかった)を展開した、現役時代の伊達。
世界ランク4位まで行ったんだからね、あの人は。エナンより小さな身体で。もっともっと、このエナンのことは私にはわかる、なぜなら私と似てるから、って勢いで口をきいたって何の違和感もないのに。

たぶん現役時代、もののわからない解説者にそういう口のきき方をされるのがよほど嫌だったか何かしたんだろう。一言も、そういうニュアンスでものを言わない。断定もしない。伊達さんはエナンのこと大好きなんじゃないかと僕は勝手に憶測してるけど、そういう選手への好悪も、言葉裏にほとんど見せない。
言うべきことはきちっと本音で言っていて、なんら不足ない優れた解説なんだけど、さらに個人的なニュアンスをも含めたオフレコ・トークみたいな解説を聞いてみたいなあ。
きっと面白いと思う。あの人なら。
スポンサーサイト
02:54 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。