--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

露鵬と千代大海、ケンカ両成敗のススメ

カメラマンを殴った露鵬はいけない。でも純粋に取り組み前後の経緯だけを見れば、そもそもの始まりは上位者(大関)であるところの千代大海の理不尽な態度にあった。
「露鵬がカメラマン殴る=千代大海とにらみ合い、激高-大相撲名古屋場所7日目」
僕がニュースで見た範囲では、取り組みは露鵬の空振り同然の張り手に始まり、千代大海の押し出しだか突き出しだかでたちまち終わった。なんてこともない、ごく普通の一番だった。
ところが、勝負がつくや千代大海は土俵下にいる露鵬を追う形で自分も土俵下に降り、顎をしゃくるようにして二言三言、何かを言っているんだよね。

露鵬も、一瞬あっけに取られたもののすぐに何か言い返し、そして相前後して土俵上に戻った。
リンク先の記事中では「礼もせずに」となってるけど、僕の見た感じでは露鵬はいちおう頭をかすかに下げて(千代大海に対してではなく、儀礼の遵守という意味でだけど。もちろん)、その上で下がったように見えた。
その後のカメラマンの件さえなかったら、あれは露鵬が被害者だよ。100%間違いない。


このあいだのジダンの件との類似性を感じる人もいるかもしれないけど、こちらは試合中ではなく試合後。しかも競技の特性に照らした場合の「観客の前で口論するという行為」自体の重さや、大関の地位の要求する品格の問題など、根本的に背景が違う。
馬鹿な大関に理不尽なクレームを、衆人環視の土俵下でつけられて頭にきた、ところまでは、露鵬に何も落ち度はなかった。馬鹿が馬鹿を言っている、と思って我慢さえしていればよかった。
それがこんなふうに無関係のカメラマン相手にプッツンしちゃ、千代大海の品位のカケラもない大関離れした愚行も陰に隠れてしまうんだろうな。

僕が理事会のお偉いさんか何かなら、2人には同等の罰を下したいね。憤懣を暴力に変えてぶちまけた露鵬への処罰が、地位不相応な品位欠損症患者であったに過ぎない千代大海より軽く済むはずはないけど、同じならべつだんおかしくもない。
少なくともその程度には、あのヤンキー大関は相撲取り失格の破廉恥漢ぶりを見せつけたんだ。相撲界においては、上位者になればなるほど品格を求められるのではなかったか?
僕はどっちかといえば彼のことは応援しているつもりだったけど、今回のあのやりようには心の底からガッカリした。


「だって露鵬が~」とか、ガキンチョみたいな口をききなさんなよ、千代大海。かすめた張り手が目に突き刺さりでもしたか?あれだけ観客たちの見守る中であからさまにガンつけてたくらいだから、そんなわけでもなさそうだよね。(笑)
そんな大関は相撲界どころか、日本の恥だ。日本人としていい迷惑だよ。
スポンサーサイト
02:19 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。