--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

字幕依存症患者の憂鬱

他愛もなく、ちょっと動揺してしまう。
「ロード・オブ・ザ・リング THE LORD OF THE RINGS 誤訳の要約」
大作映画「ロード・オブ・ザ・リング」字幕版は、実は当初誤訳の雨アラレだった、という話。

何より個人的に問題だと思うのは、その誤訳の質。
明らかに原作を読んでいない、背景を理解していない小手先の意訳であるという指摘がされているけど、さらに詳細に読んでいくと、「たとえ原作を読んでいなくても、原語の映画から汲み取れるべきニュアンス」さえ欠落しているケースが目立つ。要は、鑑賞する能力の時点で大きな問題を抱えているんじゃないか、というフシがあって、ひどく気がかりを覚えた。

問題の翻訳者は戸田奈津子さんという人です。批判と擁護が交錯しているようだけど、この件を知った今、僕はあまり好感は持てない。
ほかの映画は、本当にどうだったんだろう・・・この人の字幕で気持ちよくちゃんと見られた作品はいくつもある一方で、仕事のリストを見ると明らかにオーバーワークというか、こんなにむやみと仕事引き受けてたらそりゃ質は保証できないよね、という印象は免れない。
基本的に海外作品は字幕で見る人間だけに、ちょっと落ち着かない気分です。
スポンサーサイト
01:35 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。