--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

久しぶりに音楽について長々語る

以下、昨日の治療の行きの車中から、携帯でmixiにだけ投稿した日記のコピー。半角カタカナだけ全角に直した。

2006年08月10日
15:29 大塚愛「LOVE COOK」
治療に行く車中でさっきから聴いてるアルバム。思いのほかいいのでビックリです。
もとはといえば、何かテレビ番組で「ネコに風船」のPVを見掛けてなんとなく「ひょっとしてひょっとしたら化けかけてる?」と思って、それが収録されたらしいこのラヴクックというアルバムはいつか聴こう、と思ったのがきっかけだったんだけど。
間違いなく、ここ2,3ケ月の間に聴いたアルバムの中では、ベストとはいわないまでも「最も新鮮」なアルバムです。「ネコに風船」に限らず、ちゃんと明確に個性の伝わる曲がたくさんある。これは本当に素直にお薦め。
タレント的なイメージが先行してるけど、ちゃんとしてるよ、とても。


LOVE COOK (初回限定生産盤絵本付)コピー、ここまで。
いや実際、これはなかなかのものだな、と思いました。
ただ昨日はこのアルバムに続いて東京事変「アダルト」、スピッツの古い方のベストアルバム、なども聴いたから、好みはともかく音楽的な質という意味では本当にハイレベルで、帰途にはだいぶ大塚愛の衝撃も薄れていたけど。しかし、大塚愛には今後も普通の意味で注目していたいと思ったよ。

スピッツに関していえば、実は僕は彼らが苦手で(直接的な理由は、あまりにも詩に意味がないこと・・・最近はどうか知らないけど、人気絶頂のころはそうだった)。でもやっぱり、詩のことなんかあれやこれや考えずに聴いてる分には、ほかにはない特殊な才能を感じるバンドでした。
というのはつまり、僕は彼らの音楽をちゃんと正面切って聴くのが生まれて初めてだったということだけど。(笑)リアルタイムだったのにね。

苦手といえば、僕はMr.チルドレンの音楽性が極度に苦手で、メロディメイカーとしての傑出した才能こそ感じるものの、テレビなんかで新曲を耳にして「これは?!」「今度こそ!!」と思って借りてきては、ああやっぱりダメだ合わない、ということを4,5回これまで繰り返してきてる。才能はすごいと思うけど、届いてくるものがないんだよね、僕にとっては。
その点、てっきり似たような壁を感じることになるかと思ったスピッツには、昨日そういう音楽的なギャップはまったく感じなかった。普通に、いいな、と思って聴くことができて、そのことが意外といえば意外だったし嬉しくもありました。


東京事変は、椎名林檎がもともとわりと好きだからアルバム全体についてはノーコメント・・・つまり普通によかった。
しかし、期待の「修羅場」は、なんであんなにボーカルの音量バランス小さくしちゃったんだろう。(笑)僕はもともと、椎名林檎の1st2ndアルバムが好きで、その後の徐々にややこしくなっていく音楽性にはさして興味を引かれなかったクチだから、「修羅場」みたいな「大音量でもイケる」曲は、初期の椎名林檎ブシで突っ走って見せてほしかった。

まあこればっかりは好みの問題で、椎名林檎は椎名林檎の好みで曲を書いて編曲して歌うだけだから、どうしようもないことだけど。最近のコッコにしてもそうだけど、鬱屈を突き破って炸裂する激しさ、のようなものを、林檎さんもまたいわば卒業してしまいつつあるんだろうな、と思う。
ただコッコの場合は、書く曲そのものにしても、かつてからは想像もつかないほど調和の取れた、幸せそうな方向にシフトしつつあるように見えて、それだったらもうしょうがない、彼女は正直な人だし、自分を偽って「満たされない曲」なんかは書けないんだ、ってことで納得したけど、椎名林檎は「修羅場」を書いてくれた。

書いたら、歌ってよ、というのが、熱狂的とはいわないまでも一応はファンである者としては正直な願いです。激しさ、まだ持ってるんだから、見せてほしいなあ、もっと直截に。
ダメならせめて、ミキシングでボーカルのフェーダーをもう1,2ミリほど持ち上げてくれ。(笑)それだけでも、僕なんかは聴き方が単純だからけっこう満足するよ。
スポンサーサイト
23:09 | 音楽批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。