--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

亀田バッシングに酔い痴れるネット世論の亡者たち

残念なことに、世の中には病的に頭の悪い人がいっぱいいて、そしてネット上にはそういう人々の見本市みたいなフキダマリ的空間が少なくない。
mixiニュース「興毅『ベネズエラまで飛ばす』」に関する日記一覧
馬鹿のフキダマリとはいえ、もちろん例外もいるよ、何人も。僕自身だってこれからそのフキダマリにこの文章を投稿するかどうか、じっくり検討しようと思っている最中でもあることだし。しかしざっと見たところ、5人に1人くらいの割で利口はいるようだけど、ほとんど掃き溜めにツルみたいな状態で、圧倒的な少数派だから話にならない。

あの試合、興毅が勝っていた、って話ではないよ、僕がいいたいのは。
亀田興毅がどうであれ、ランダエタがどうであれ、あまり賢くないオヤジさんがどうであれ、そんなことはどうでもいい。それについて意気揚々と悪口雑音吐き散らしてるだけの、そこのアナタはどうなの、って話。
手の平返しのマスコミと群集心理の世間とに体よく便乗して、多数派に呑まれてすっかり安心してクダ巻いて、無難な意見を居丈高に吠えてる。仲間の背後にコソコソ隠れながら野次を飛ばすチンピラ役の大根役者みたいな己が、ちょっとくらいは恥ずかしくならないの、って話。
ある人が、他人の悪口をいうことにものすごいエネルギーを裂いて、そこになんら生産性がないなら、その人はたぶん、馬鹿なんでしょう。

中でも、亀田興毅の試合を自作自演呼ばわりし、挙句の果て、あの強かったランダエタまでその共演者扱いして省みないボクシング音痴の軽薄クンたち。頭が悪すぎるよ。
少なくとも亀田は、減量苦という明確なリスクを再度冒して、さらには勝ったとしても買収試合じゃないかとか安易に言い散らすであろう無責任な世論のプレッシャーに抗して、ランダエタに再度挑もうとしている。
たったそれだけでも、口先だけで根拠の乏しい憶説を弄んで、亀田バッシングの一員にすんなり収まって、そんな程度で何かの溜飲を下げた気でいるお粗末な連中よりは、よっぽど魅力があるよ。
スポンサーサイト
03:06 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。