--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

宇都宮『悪しき悲観論に異議あり』に異議なし

あまりにもアッッッタリマエなことなので、わかってる人はいいんだけど一応リンク。
「『スタメン示唆』のメッセージ(9月5日) 短期連載 宇都宮徹壱のアラビア日記」

■悪しき悲観論に異議あり
 3日の試合で日本がサウジアラビアに敗れたことで、日本では早くも失望と落胆の声が出ているという。日本との時差が6時間もある異国にいるので、どうもインターネットの情報だけでは十分には伝わってこないのだが、この日は知り合いの同業者3人が、まったく異なる媒体から「今の代表は大丈夫なんですか?」という電話取材を受けたそうだから穏やかではない。またぞろ一部メディアが、部数を伸ばすべく不安を煽っているのだろうか。

人を見る目、戦術論を聞く耳、といったものが求められるね、ただのファンでしかない我々にも。もし、代表に強くなってほしいという願いが真剣なものであるなら、だけど。
世論の力はあんがい大きなもので、惜しい人の身動きの邪魔になってしまうことだってないではない。だから、われわれファンたる者たちは某夕刊○ジの某記者みたいな煽り屋どもの言動に踊らされてはいけない。踊らされたら、踊らされた人間たちがいわば一種の圧力団体として機能してしまう、というのがマスメディアによる世論操作の恐ろしさだ。

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見えるオシムは、大仰な言い方をすれば、いわゆる「人物」というやつだよ。これから4年間をそれなりの健康状態のまま、つまらない圧力で実権を損ねさせたりしないまま、ちゃんと仕事してもらうことさえできれば、必ずそれなりのものを見せてくれる人だ。
就任早々の目先の敗戦でファンたちがいちいちオタオタしてるようじゃ、先が思いやられるよ。・・・というのがつまり、リンク先の宇都宮さんの記事冒頭ほぼそのまんまの内容だけど(汗)、僕もまったく同意見です。

「ジーコジャパンと一緒」?「工夫がない」?ハハ。
かつて名将ベンゲルが弱小・名古屋グランパスの監督として就任したとき、一見したところほとんど無為無策のまま彼がベンチに座り続けた期間は、僕の当時の印象が正しければ、およそ2ステージ制の1stステージの半分にも及んだ。そしてある日の、たしか試合後、彼は選手たちをロッカールームに招集し、集中的な戦術論講座を開講して、チームはそこから走り始めたんだ。
就任直後、ましてやろくすっぽ強化合宿の期間も取れてないオシムに何をやらせようというんだ?
まあ静かに待ってなよ。
スポンサーサイト
02:03 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。