--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

道しるべ

さっき風呂に入っていてなんとなく思ったこと。
人間は、どんな事情があろうと何歳になろうと、路傍の道しるべになってしまってはダメだ。
道しるべっていうのは、表書きが「元町3丁目」だろうと「富士8合目」だろうと、しょせんは他人の目印であって、通り過ぎられ越えて行かれるものだから。
「あの人に認められたら俺も一人前だ」なんて言ってもらえたとしても、それでいい気になってたらとんでもない話で。
そこで立ち止まっていれば、いつか追いつかれて、彼を認めざるを得なくなる。
そして次の瞬間には置いていかれるだろう。
どんなにボロボロになって、渋谷駅構内の賢者になろうと、または何かで名を成して、巨大な哲学的存在のようなものに化けようと。
止まっているものはしょせん目印であって、「過ぎ越して行くべきもの」だ。
道しるべに終始している人には、やっぱり魅力はないと思う。
スポンサーサイト
00:45 | 人生観 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。