--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

K-1MAX日本代表決定トーナメント

前年度チャンピオンの佐藤が優勝、という結果は個人的につまらないと思ってしまうけど、大会の内容的にはものすごく充実していて面白かった。
「K-1 WORLD MAX 2007~日本代表決定トーナメント~」

まずデビュー半年のアンディ・オロゴンが動きの硬い小比類巻からダウンを奪い、堂々と勝利して見せた試合は、たしかにインパクトありました。
小比類巻は大会前の骨折の影響を強調しているようだけど、それが額面通りの事実だったとしても、やっぱり負けてはダメだろうと思う。何を言っても。
横綱相撲でアンディを押し切る、ということが不可能なほどに深刻な怪我をしているようには、テレビで見ている範囲ではちょっと見えなかったから。解説席の畠山隆則(※この試合の放送席では唯一まともなコメントを期待できる人物。大会の途中からは魔裟斗も参加したようだけど、この試合の段階ではまだだったと思うので計算の外)も、動き全体の硬さには言及していたものの、足の運びとかには特に気になる部分を見出していなかったようだし。


期待のニュースター、テコンドー・マスターの尾崎圭司は、スタミナが意外に乏しいという欠陥を露呈したものの、それでもなんとか第2試合の終盤までの計6ラウンド、常に技を繰り出していたし、とても面白く見られました。
華やかな技が、実践でものをいうレベルまで突き詰められているファイトスタイルはやっぱり美しい。トルコの「鳥人」イルマッツを見たときも感じたことだけど、ああいう異質さを感じさせるファイターが日本にもちゃんといる、ということがうれしい。

ただ、強さには限界があるかな、ということは正直感じてしまった。
魔裟斗や佐藤は、個人的な好悪は別として、あるいはブアカーオも将来的に倒せるかもしれない、そういう可能性は秘めているかもしれない、ということを感覚的に思わせてくれるけど、この選手にはそれはまったく感じなかった。少なくとも昨日の段階では。
何がどう違うのか、僕のようなド素人にはわかるわけもないけど、ただ「なんとなく」そう思いました。
こういう選手、大好きなんだけどね。(笑)本当に。
でも純粋な戦闘能力という意味での評価は別。


しかしさらにいえば、僕は国籍を別にすればブアカーオが好きで仕方なく(タイの何が悪いかといえば、タイが日本ではないという点に尽きる。ある意味致命的)、前々から密かに「黒いブルース・リー」などと呼び習わしていて、だからこそ日本人のニュースターを見ても「この人はきゃつに勝てるかな?」という意識がつい先に立って、点が辛くなってしまうところがある。
なにしろ、一時代を築きつつある怪物ファイターだから、ブアカーオは。その彼を基準値にしてしまえば、K-1初参戦の選手が最初から強く見えるわけがなく、強く見えたらそれこそ一大事なわけだから、初陣の時点ではこんなもんでいいのかもしれない。

化けて見せてほしいなあ、あのテコンドー・マスター。
日本人の・芯から面白いファイターが頂点に立つところが見たいよ、僕は。かつての魔裟斗も、こと本業に関しては素晴らしい選手で、魅力的なチャンピオンだったし、今後数年間の彼にも引き続きかなり期待してるけど、それをも超える存在になってくれれば。
佐藤は、玄人好みの何のといっても、個人的にはちょっとダメなんだ、いろいろな感性(?)の問題から。
魔裟斗の次が、あのテコンドー・マスターの尾崎であってくれれば、個人的にはいうことはない。
スポンサーサイト
02:36 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。