--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

Aロッドは伊達政宗にあらず

もはや我慢の限界。(汗
「Time Slip Major Leaguers 日本歴史人物タイプ列伝(スポーツナビ)第14回:才能あるも天下取り叶わぬ『伊達政宗』タイプ」
スポーツナビ自体は好きなサイトでしょっちゅう見てるけど、この一連のおバカ・コラムだけはいくらなんでも酷すぎる。
ちょっと読めば丸バレというくらいに歴史認識の浅いライターが、適当に過去の人物と現在のメジャーリーガーをくっつけて、タイプ別と称して紹介し続けてきてるんだけど、その内容の手ひどさはこれまでなかなか見たことがないほど極端だ。

そうして挙句の果て、Aロッドが伊達政宗なんだとさ。(涙
Aロッドはわりと僕はどうでもよくて、問題なのは伊達政宗の方。僕が戦国時代でいちばん好きな大名だよ!(知りません
彼のコンプレックスと鬱屈、挫折、開き直りとそこからくる人間的傾斜、文化的感性、燃え残る野心のくすぶり、といったすべてを、なぜあの絵に描いたような典型的エリート・メジャーリーガーに結び合わせたのかと思えば、それはそれらを「才能がありながら頂点(天下)までは届かないもどかしさ」と総括したかららしい。
少なくとも、これを読んだ範囲では。

過去ログを探せばほかにも、これと同類のおバカ記事が毎回のように載ってるんだよ、このシリーズ。(笑)こんな粗末な記事で誰だかが原稿料いただいてるかと思えば、本当に心の底からバカバカしい。
いくら単純化して興味を引く手法といったって、限度ってものがある。軽いノリでも意外と面白い着眼を持ったコラムとか、世の中には腐るほどあるよ。それだというのに、・・・。
だったら読むな、は一見正論のようだけど、なんせスポーツナビの見出し一覧に出てくるんだから、サイト開けば真っ先に。で、見出しだけ見ても「○○は××タイプ」なんて馬鹿なこと書いてあるもんだから、つい見てしまうということになりがち。

いったいどういう人がこういう記事を書かせるんだろう。
書いてる人自身はたぶん、歴史になんか最初から興味のない人だ。文面から見て取れる歴史認識が、仮にも歴史がらみのコラムを書いてるにしては極端に浅いから、それはほぼ間違いない。
でも、そういう人にこういう企画をやらせるのは、いったいどういう・・・ええと・・・管理職(というのか?)なんだ??
やめてほしいよ、あまりにも酷い記事をシリーズ化するのは。本当に。
勘弁してくれ。(苦
スポンサーサイト
03:39 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。