--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

サスペリア2はダメ

サスペリア2を見てみたものの、1に比べると全然でした。
1が純然たるホラーだったのに対して、2はホラーなんだかサスペンスなんだか、はたまたスプラッターホラーなんだか、よくわからない中途半端な作品になってるように感じる。
少なくとも僕には、この作品をどういうふうに楽しんでいいんだか、最後までよくわからないままだった。

さらにいうと、この作品には土台がない。
雰囲気だけは1と同じ「サスペリア」なんだけど、1には「ヨーロッパ古来の黒魔術文化」という背景が濃厚に流れていたのに対して、2にはそれがなく、その代わりになるものも何もないようだ。
僕としては、せっかく2を作るのなら、現代社会の狭間に潜む魔術的な闇、という線は外さずに作ってほしかった。
それこそが1で確立されたはずの「サスペリア」世界の個性であって、ただのおどろおどろしい殺人事件を軸に据えてしまった2は、「偽」サスペリア程度にしか見えない。
おまけにヒロインの個性の描き方があまりにも素朴すぎて面白くなかったし。
ところどころに出てくるコミカルな描写も、だだ滑りの蛇足だった。

まさに雰囲気倒れ。
わずかなスリル以外には、何も感じられない映画でした。
・・・と。
ここまで書いてから、サスペリアのパッケージ写真でもパクらせてもらおうかと某サイトを覗いてみたら。
思いがけない事実が判明しました。
「サスペリア2」はあくまでも邦題であって、原題は「ショッキング・サスペンス」(?)とかいうらしい。
サスペリアのヒットを受けて公開されたから、邦題だけ「サスペリア2」となったんだとか。

でも、監督は同じらしいけど、これはまったくの別物です。
大迷惑だね。サスペリア。
スポンサーサイト
16:59 | 映画批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。