--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

司馬遼太郎「歳月」を読む

最近、司馬遼太郎の「歳月」を読んでます。
分厚い文庫本1冊にかろうじて収まる長さの長編。
「竜馬がゆく」とかに比べてこの作品が知られてないのは、主役の江藤新平があまり人気も人望もないからだと思うんだけど、予想外に面白いです。
まだ半分くらいしか読んでないけど、これはアタリだと思う。

はっきりいって、僕もここまでの期待はしてなかったんだけど。
僕はここ数年、司馬さんの幕末ものが異様に好きで、長編だけでも「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」「世に棲む日日」「燃えよ剣」「峠」「花神」「胡蝶の夢」・・・と読んできて。
そろそろほかに読むのがなくなってきていた。
だから、江藤新平だけどまあいいか、というのでブックオフで探して手に入れたのがこの「歳月」でした。
中古のくせに500円もしたけど(←憶えてるわけじゃなく、背表紙にシールが貼ってあるので)、買っといてよかった。

何がいいといって、あの時期の歴史の、これまで疎かった部分をものの見事に埋めていってくれるんだよね。
この小説は。
単に別の視点から見た歴史、とかじゃなくて、これまでなんとなく曖昧だった箇所がピタッピタッと穴埋めされていく感じ。
これまで、けっこうな数の本を読みながらも2次元どまりだった歴史観が、にわかに3次元に立ち上がってくるような。
竜馬が生み出して西郷が引き継いだ革命主流の流れを描いた小説は多いし、逆に彼らの前に敗北の悲運を味わった人々を描いた小説も少なくない。
だけど、この作品はそのどちらでもない、というところに価値がある。

たとえば、江藤新平はなぜ西郷主唱の征韓論に加担したか。
西郷を煽って薩長閥を崩そうとした、というのが一般的な説明だけど、もちろんただそれだけなんてことがあるはずもなく。
江藤には江藤の背景があり、主義主張があり、時勢観があり、それを通して見ないとわかり得ない明治政府への不満があった。
決して、単純な政権争いなんかではなかった。
または、同じ佐賀の大隈重信は、なぜ江藤とは一線を画して、薩摩の大久保利通に接近したのか。
さらにはそのことによって、江藤-大隈の関係はどのように変化していったのか。

あるいはまた、ほかの小説を読むと漠然と印象されるように、彼らが人間のスケールとして、西郷や大久保よりお話にならないほどちっぽけだったのか。
決してそうではない、ということがこの小説を読むことで見えてくる。
人間はやっぱり、生れ落ちた環境や時流によって立場を変えて、それぞれに違った才能として世に現れてくる。
その悲哀を抱えながら、死に物狂いでそれに逆らおうとした江藤新平。
逆に、鬱屈しながらも高度に時勢の流れを読んで適応し、将来を期そうとした大隈重信。
それぞれに長所・短所を抱えた彼らのキャラクターもあいまって、他作品で見かける彼らの人物像とはまったく違った魅力が見えてくる。
江藤=潔癖症の小才人、なんてステロタイプな見方をしてしまってる人にこそ薦めたい作品です。

かつて僕に新しい石田三成観を開いてくれた「関ヶ原」と並んで、これは司馬作品の隠れた白眉かもしれない。
読み終えてみなければまだ何ともいえないけど、でもそうかもしれない。
何にせよ、かなり楽しませてもらってます。
今のところ。
スポンサーサイト
21:11 | 書籍批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。