--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

深刻なる愚痴

昨日の治療では、足を中心に施療。
最後に鳩尾をやって終了。
足の治療の際、僕の全身的な不調の原因になっているらしい足の「固まっている」範囲が、踵周辺だけではなく足先まで及んでいるという説明があった。
踵だけでも大変なのだけど、足先までとなるとよほどの重症で、悪くすると「僕の治療技術が今のまま進歩しないとすると、最悪で1年くらいかかるかもしれない」。
のだそうな。
ここしばらくは期限を予告しての治療は避けてるみたいだったから、べつに今さらショックとかはないんだけど。
ああやれやれって感じです。

1年。
それも、そんじょそこらの健康人の1年じゃない。
26年間、そこそこマトモに生きられてきた人間だって、今日から1年間はあなたは不調続きですよ、と宣告されたらけっこう参るでしょう。
ところが僕は、同じような不調に中2のときから直面し続けてきている。
それも症状が表面化して、はっきりと自覚したのが中2のときなのであって、実際の問題はそれよりもずいぶん前から存在していたらしい。
もう正直、勤続疲労もいいところです。
この期に及んで、また一年。
人生の時間はどんどん減っていくというのに。
まるで心身の不調と戦うために生まれてきたかのような時間が、すでに13年近く。
それがさらに、14年に延びる。
このことの意味を、リアルに想像できる人はいるかな。

・・・なんだか泣かんばかりの文体になっていそうだけど。
実のところ、泣くほどの感情の揺らぎは僕にはないです。
慣れというか、慢性的な諦めというか。
そういうものが悲しみをさえ邪魔している。
普段、この日記にはその日その日の心身の不調みたいな卑小なことばかり書いているけど、僕の実際の苦しみというのはそんなところにはない。
そんなところにはないから、いつも気軽に書けているのであって。
本当に苦しいのは、人生が捻じ曲がってどんどん時間ばかりが経っていくというのに、それをどうすることもできないという現実。
そしてその現実が、どんどん堆積して13年、14年という歳月にまでなってきているという事実。

一人前に悩んでいるつもりの人たちを、ときどき憎んでしまう。
あなたの悩み苦しみは、市販の人生読本や日曜版の悩み相談コーナーにさえ出てきてるじゃありませんか。
黙って読んで、解決策を探したらいい。仲間も相談者も、腐るほどいる。
死ぬほど悩み苦しんで、類例を求めて図書館中ひっくり返したって、仲間1人見つけられない人間の苦しみを思うがいい。
そしてもう1つ、似たような記述を繰り返すけど。
・・・なんだか人も殺さんばかりの文体になっていそうだけど、そこまで人を憎むほどの感情の弾みというのも、正直、今の僕にはないのです。
スポンサーサイト
00:00 | 病的独白 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。