--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

鬼束ちひろのライブDVD

昨日は治療に行って、そのついでにツタヤで鬼束ちひろの2002武道館ライブのDVDを借りてきました。
ずっと音楽DVDはレンタル禁止で来てたのが、「一部解禁!」なんて出てたのでつい。

きょう通して見たけど、やっぱりボーカルが素晴らしい。
彼女のすべてがいいとは僕は思っていないけど、最近増えてる「声がデカいだけ」の似非スーパーボーカリストたちとはやっぱり一線を画してる。
軸にちゃんと心があって、感情表現としての歌声があって。
僕が最も尊敬するコッコなんかだってもちろんその点は同じだけど、鬼束さんのボーカルとして優れているところは、テクニカルな「技」の部分も完璧っていう点だろうな。
それも、テクニックはテクニック、じゃなくて、テクニックがあくまでも感情表現のために成立してるっていう素晴らしさ。
これだけのものを持っているボーカルというのは、歌のうまい人が増えてる今のJポップの中にもなかなかいない。

はっきりいって、普通のCDで聴くのよりよっぽどよかったです。
曲自体はともかく、ことボーカルに関しては。
圧倒的なまでの音色の幅とか、心の襞をなぞるような繊細な表現は、CDの緻密な録音の中からは感じられていなかった部分だった。
これから一週間、何度かに渡って聴き返してみるかもしれない。
じっくりと聴き込んで、自分の中に染み込ませるだけの価値は確実にあると思うから。
スポンサーサイト
00:00 | 音楽批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。