--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

パレットを偲ぶ・・・

4月24日(土)

例によって治療に行った。
朝、鏡を見ながら、自分じゃ落ち着いてるつもりなのに顔色が白いことに気づく。
ああショックを受けてるんだなあと思った。
行きの電車の中では、珍しくポータブルMDを使わずに、ただパレットのことを思って過ごした。
センチメンタルだとは思うけど、これも僕の一面で、どうしようもないことだ。
精一杯生きてるものがある日、何の前ぶれもなく命を奪われて、僕の人生から退場してしまうことの意味などを考えていた。

帰ったときには日が暮れかかっていたけど、すぐに庭に穴を掘って、母と協力してパレットを埋めた。
母が墓標代わりの割れたコンクリートブロックと、花を挿すための小さな古いガラス瓶を見つけてきてくれた。
パレットを埋める前、育ての親猫のリケルメが、パレットの入っている段ボール箱の上にずっと座っていた。
何を考えていたのかは知らないけど、ほかの猫たちがパレットと血の匂いを嗅いでか落ち着かない中で、1匹だけじっと動かなかった。


育ての親猫って、ちょっと珍しいかもしれない。猫の世界では。
パレットの実の親は、ダビンチという三毛猫で、最近見かけないけど、たぶんまだ死んではいないと思う。
ダビンチはリケルメと姉妹で、リケルメよりずっと賢くて、パレットたち4兄弟を生んだ後も、もちろんちゃんと子育てをしていた。
リケルメはリケルメで、同時期に2匹のあまり賢くない子猫を生んで、それを一生懸命に育てていた。
ところがある日の夜、この2匹の親猫はそろいもそろって忽然と姿を消した。
その夜は、ひどく猫の騒ぐ声がしていたから、ひょっとしたらその声はこの母猫2匹のものだったのかもしれない。

夕方になって、放ったらかしになっている6匹の子猫たちのことを心配しているところに、リケルメがふらふらになって帰ってきた。
ひどくやつれていて、足取りさえ覚束なく、右の耳が根本から切断されていた。
あまりのひどい姿に、僕はいつになくたくさんの食べ物を与えて、ずっと撫でさすっていた。
決してなついてはいなかったリケルメは、動く気力もないのかじっとされるがままで、子猫たちが寄ってきても身動き一つしなかった。
右の耳の切断は、後で知ったところでは、近くの住宅地でのノラネコ避妊手術計画での目印だったらしい。

しばらくすると、ようやくリケルメはふらふらと立ち上がって、自分の2匹の子供たちに授乳し始めた。
ビンチの方は帰ってくる気配もなく、その4匹の子供たちはリケルメのほうに近づいては追い払われたりしていた。
でもそのうち、1匹の子猫がリケルメの子供たちに混じって乳房に吸い付いた。
続いて、もう1匹、もう1匹。
リケルメはやがて、ビンチの子供たちを拒むことをやめた。
数時間にわたって、飢えきった子猫たち6匹を、傷が痛むのかときどき悲鳴を上げながら抱いていた。

すっかり夜になった頃(だったと思う)、もうダメかと思っていたダビンチが帰ってきた。
同じように右の耳は切断されていたけど、リケルメほど憔悴しきった感じではなかった。
子供たちのところにやって来て、やがて寝そべって面倒をみ始めた。
そうして、2家族の猫たちはようやく元のように子育てをすることができるようになった。
でもそれ以来、猫たちの様子は少し変わった。
ずっとビンチはビンチの子猫たちを、リケはリケの子猫たちを育てていたのが、2匹の親が互いの子供たちをまったく選り好みしなくなった。
片方の親がいないと、残された親は6匹の子猫たちをずらりとお腹の前に並べて、それでも一生懸命首を伸ばして毛づくろいをしてやったりしていた。
かとおもえば、2匹の母猫がお腹を向け合って寝ている輪の中に、6匹の子猫がくんずほぐれつ乳房を奪い合っていたり。
ああいう風景は、ノラネコたちとの関わり合いの中でも初めて見るものだった。
そういうふうにして、リケルメはパレットの育ての親になった。


パレットの埋葬が済んでしまうと、もうそれ以上感傷に浸っていてもしょうがなかった。
ちょうど女子サッカーのオリンピック出場をかけた北朝鮮戦が始まる時間(午後7時過ぎ)だったので、テレビをつけて、2時間ばかり咆えていた。
結果は、驚くべきことに3-0の大勝利。
それ以前の試合でわかっていたことだけど、今回の女子サッカー代表は本当に素晴らしいチームだ。
個人的には、FWの丸山が熱烈に好き。
女子サッカーに続いては、男子五輪代表のギリシャ選抜との練習試合があったけど、少し見てみて退屈だったからやめにした。
急に疲れが増してきて、部屋に戻って横になった。
まだ11時ごろだったけど、隣の部屋から聴こえてくる弟のギターの音をうるさいとさえ思わず、すとんと眠りに落ちた。



※※※※※

その後、昨日はゆっくりテレビを見たりして過ごして、今日になったわけだけど。
少しずつ痛手から立ち直りながら、ここ2,3週間続けているオアシスのギター練習などをやっていました。
パレットを悼みながら曲でも作れたら、なんて死後すぐには現金なことも考えてみてたけど、実際はそんなふうにはいかないものだった。
なんとなく、そういうクリエイティブな気力が出てくるにはまだしばらくかかりそうで、だったらせっかく始めたオアシスのギター練を進めておく方がずっと有意義だと思い直した。
とりあえず今は、1曲目の“Supersonic”と2曲目の“LiveForever”を終えて、“Rock'nRollStar”に取り掛かっているところ。
これまでになく、ギタリストらしくなってきたような気がしてます。
だからきっと、この努力は何かにはつながっていくと思う。


事故のとき、パレットはうちの前の道路を、車庫に向かって渡って来ようとしていたらしい。
母と弟の乗った車はその道を、家から見て左手の方から走ってきて、車庫に入るためにいったん左折し、家と反対側の道に入って車庫に入るタイミングをうかがっていた。
その間、家の前の通りを数台の車が往来していた。
そういう中を、パレットは道路を渡ってこようとしていた。
いつも母や僕が帰ってくると出迎えてくれる猫だったから、その日もひょっとしたら、家の車を見て、車が車庫に入る前に先に庭に入ろうとして急いだのかもしれない。
母にそのことをいうと、母も内心それを考えていたらしくて、それを思うとやりきれない、と言った。

パレットというノラネコは、ノラネコだったけどやっぱり、うちの猫だったんだと思う。
大して食べ物をくれるわけでもない僕や母にひどく懐いて、窓の開く音でもすればすぐさま飛び出してくるような猫だった。
夕方、雨戸を閉めるとき、その不在の大きさを思い知るような気持ちがする。
スポンサーサイト
00:00 | 人生観 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。