--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

愚痴・映画2篇

数日前に古典ホラー映画“悪魔のいけにえ”、今日は“何がジェーンに起こったか?”。
両方ともツタヤの土日半額で借りてきて見た。
残念なことに、どっちも一向にピンと来なかった。
どうも映画って表現は僕とは相性が悪いらしい。
僕があまりにも数奇な生活を歩んできたために、根本的に視点がずれちゃってるというのが1つ。
もう1つには、数奇な生活を歩んでくる中で、僕がいろいろと思いがけないところに傷を持っているために、万人受けするような価値観が引き裂かれるように痛かったりするから。

実のところ、映画そのものには感動していても、痛みの方が勝ってしまうことさえある。
僕がいいと思った映画の一つにスタジオジブリの“耳を澄ませば”ってやつがあるんだけど。
3,4年前の12月にそれを見て僕は感動して、同時に深く深くダメージを負って、丸々2ヶ月くらい何も手につかなくなるほどに落ち込んだ。
それ以来、ごく普通の意味での「いい映画」ってものにはそれまで以上に警戒心を持つようになっている。

どんなにいい映画を見たところで、僕は僕という人間が一向に救われないことに気づいている。
どうも、僕には映画ってものはダメなようだ。
いい映画に出会って深い部分で救われることなんて、今やカケラほども期待していないし。
ホラーならホラーで、身も蓋もないほど無意味なものが良くて、“悪魔のいけにえ”にはそれを期待してみたけど、そもそも怖さが身に迫ってこなかった。

だいたい、あんな恐怖なら怖くないんだよ。本当は。
あんな極端なもの、奇形の存在、社会の例外的脅威、なんてものは社会そのものの中じゃ悲しいくらいに無力だ。
ああいうものを奇形として恐れ憎み、その恐れを当然のように予定調和的に共有し合う、無感覚な個人個人の集合体としての社会。
本当の恐怖とか暴力っていうのはそっちの方だと僕は思う。

人間の皮をかぶった怪物のような悪役たちを前に悲鳴を上げるヒロインを見ながら、僕は作品をほどほどに楽しんで、でもずっと根本的に醒め切っていた。
まあ一つには、風土的なものもあるのかな。
環境があまりにもアメリカ然としていて、“リング”みたいな身近さは感じなかったし。
そして、こうして書けば書くほどに文章がとっ散らかっていくのは、僕の感受性がまったく働いてなかった証なんだろうと思う。

やっぱり、いいや。もう。
映画なんてものは。
あれはやっぱり、ごくごく大衆向けの娯楽であって、大衆の営みである社会ってもののスタンダードを肉体的・精神的に、また生活上も逸脱した人間にとっては入り込みようもないものなんじゃないかな。
一向に、個人の気配を感じることができない。
なんとなく、僕も本当はああいうものを受容できなきゃいけないのかなあと思ってウンザリしていくばかりだ。

これからもちょっとずつ見てみるつもりだけど、ここ数年、見るたびに映画という文化への気持ちは冷え込んでいく。
いってみれば、例外なき共感の芸術なんだな。あれは。
感じ方をあらかじめ限定されていることの手狭さが、共感できない身にとってはただただ腹立たしい。
映画というものが本当に嫌いになってしまいそうで、今日はちょっと嫌になっている。
スポンサーサイト
00:00 | 病的独白 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。