--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

横綱・朝青龍の品格

モンゴル人横綱・朝青龍の品格問題。
頭の固い横綱審議委員たちがだいぶ目くじらを立ててるようだけど、僕は完璧に擁護派です。
たしかに、旭鷲山戦での負け惜しみぶりは、ニュースで見た限りでもひどいものだった。あれは今後直していかなければならない彼の欠点だと思う。
そこまでは、僕の意見も横審と何ひとつ変わりはない。
でも、それが「横綱にふさわしい品格を欠いている」となった時点で、話はまったく噛み合わなくなってくる。


そもそも、「品格」って何だろう。
ニュースでは誰もが品格品格と連呼するばかりで、品格とは何か、という話は誰もしていないようだったけど。
そんなに品格っていうのは誰にとっても自明の素朴な概念なんだろうか。
僕にいわせれば横審をはじめ、朝青龍嫌いの人たちは、軒並みこの「品格」という小難しい言葉をずいぶん表面的な、単純化された形で捉えようとしている。
一言でいうなら「四六時中、聖人君子でありつづけること」。これだ。

僕の不満も当然、そこにある。
そんな料簡で横綱を決められた日には、横綱はみんな人間的には面白みのカケラもない、卑小な俗物ばかりということになってしまう。
過去を考えれば、確かにそういう横綱も存在したように思うが、僕はそういう種類の人間に敬意を払うことはできない。
僕にとっての品格とは、横審のお偉方の言う品格とは根本的に別のものだ。
朝青龍の今場所の経緯の中には、そういう僕にとっての「品格」を心地よく満たしている部分がいくつかあった。
それこそが、僕が臆面もなく朝青龍擁護派を名乗れる最大の根拠でもある。


たとえば、品格騒動の翌日の取り組みでのこと。満場の微妙な空気の中、朝青龍は見事に快勝してみせた。
そのさらに翌日、一部の新聞には彼が「批判もどこ吹く風と」快勝した、という趣旨の論評が載っていた。
あたかも批判を受けてうつむき、消え入るように負けてしまうことが反省の証だとでも言わんばかりに。

でも、僕は訊きたい。
マスコミに叩かれて落ち込んで、消え入るように負けてしまうことが本当に反省の証や、ひいては品格の証明になるとでもいうつもりなのか。
横綱なら横綱らしく、誹謗中傷の中でも毅然と胸を張って、地位にふさわしい相撲をとって、自分自身を証明してみせるべきじゃないのか。
ともあれ、鬼の首を獲ったように品格品格を連呼している横審のお年寄りたちは、僕にいわせればまったく救いがたい俗物というほかはない。

だいたい、今の横審に「品格ある」委員が何人いるか。
この品格という言葉の解釈一つとっても、問題はとても複雑で、とうてい一言二言で語れるようなものではない。
そのことに気づきもしないで、品格という単語だけを安易に一人歩きさせている彼らの無感覚ぶりこそ、まさに日本の国技の恥さらしだと思う。
スポンサーサイト
00:00 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。