--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

敗者たちのプライド

昨日はJリーグの鹿島が2ndステージ優勝しそこねるのを生中継でつぶさに見てしまった。
一瞬生じた優勝の可能性(2-1のまま数分間逃げ切れば優勝だった)が、ロスタイムの失点で消えて、マリノスの両ステージ完全優勝を許すことになったわけだけど。
気違いじみた負けず嫌いの僕としては珍しいほど、昨日は早く諦めがついていた。
それは多分、鹿島イレブンが応援しててはっきり伝わってくるほど、本当に誇り高く戦っていたからだと思う。

負けにも質というものがあって、その意味じゃ昨日の試合は質の高い、いい敗戦だったと感じているから。
質の高低を決める基準は僕の場合、すごく簡単で・・・負けて地べたにへたり込んでる姿を見たときに、一緒になって悔しがれるのがいい敗戦。
そして上からツバを吐きかけてやりたくなるのが悪い敗戦です。(笑)
実際、あるでしょう。間違っても悔しさを共有してやれないような、醜い敗戦というのも。(・・・ありませんか?)
昨日の敗戦はそういうんじゃなかったから、僕としてはそれなりに満足してる。

ただ1つ。今年のオフに、絶対に放逐しなきゃいけない戦犯が1人いると思う。
それは、名前も顔も知らない現体制のフィジカルコーチ。
僕はかつてのジョアン・カルロス監督時代に、フィジカルトレーニングがすごく充実してて、チームが高齢化してたにも関わらずほとんど重傷者を出さなかったのをよく憶えているから。
今期のあれは、プロの仕事として絶対に許せない。

2ndステージの主な重傷者(長期離脱者)を上げるなら、中田浩二、エウレル、相馬、奈良橋、熊谷、本山・・・といったあたりがすぐ浮かぶ。
こんな手ひどいチームはほかにはない。
さらに、1stステージいっぱいでヨーロッパに移籍した2人のフォワード(柳沢、鈴木)の不在が最後まで響いた。
そんなどん底の状態の中で、チームは全体としてはよくやったと思う・・・ただ1人、フィジカルコーチを除いて。
スポンサーサイト
00:00 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。