--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

選挙の日

ウォーキングの行きがけに、投票に寄ってきました。
今日の今日まで迷ってたものの、今回は政権交代の可能性もきっかりゼロではなさそうだなと思って。
投票したのは、とうぜん民主党。
現実としては政権交替までは届かなかったけど、民主党はまずまず成功したと思う。
自民党の支持層を多少削って、なおかつほかの野党のなけなしの勢力をもだいぶ削いだわけだから。

あとあと影響が大きいのは案外、後者かもしれないと感じています。
2大政党制「らしきもの」が構造としてできたことによって、今後の自民党への批判票は軒並み民主党に入ることになるだろうから。
あとは数年間、内部抗争にさえ気をつけていれば、2大政党制が確立していくはず。
そうなれば、おのずと次回の選挙での政権奪取も見えてくるわけだ。
社民党の土井さんなんかも、そろそろ小沢さんのやり方を見習って、「一兵卒となって」民主党に合流する、という選択肢を考えてみてもいいときだと思う。
ポストなんかなくたって、知名度さえあれば発言力はある程度確保できるんだから。

さらには、これで自民党内部の反・小泉派が活気づくだろうということ。
そして、彼ら反・小泉派が小泉を引きずり下ろした場合、自民党の人気はさらに凋落の一途をたどるだろうということ。
などなどに期待しています。
大前提としてはやっぱり、菅・小沢・岡田といったあたりが内輪もめして自滅しないこと。
自滅せずに、少しずつでもほかの弱小勢力を吸収合併していくことに徹すれば、前途はかなり明るいと思う。

それはそうと、投票所が僕の卒業した小学校の体育館だったので、数年ぶりに母校の校庭を歩いてきた。
真新しい妙な銅像が建ってたり、かと思えばボロボロの鳥小屋が未だにそのまま使われてたりと、いろいろ懐かしくもないではなかった。
僕は中学から身体をおかしくしたから、そこから先は嫌な記憶があまりにも多くて、素直に母校として懐かしめるのはこの小学校しかない。
そんな事情もあって、今日はなんともいえない思いが確かにありました。
スポンサーサイト
00:00 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。