--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

サッカー日本代表のドイツ戦

サッカー日本代表の強化試合、横浜での対ドイツ戦。
さっきまでテレビで見てました。

結果は0-3の大敗。
でも選手たちの動きには、特にはっきりした不満はないような。
ジーコの3人同時交代から先、なんとなく戦術が不明確になって、チームもバラバラになってしまったけど、それは選手たちの責任じゃないし。
むしろ、小笠原・福西といったあたりの動きはいつになく切れていた。
稲本は、試合勘が鈍ってるのか空回り気味だったけど、表情は明るく健康そうで、今後の見通しは悪くなさそう。
楢崎の1点目のファンブルや、大久保の3点目の事実上アシストも、腹は立つけどワンプレーだし、根本的な問題ではないと思う。

ただ、トルシエジャパンだったら、とはちょっと思う。(笑)
ジーコの能力は、サッカー不毛の地で布教に励む宣教師としてのそれであって、国際Aマッチの最前線で指揮を執る総司令官や策士のそれじゃない。
たしかに今日は、ディフェンスの中沢・宮本・坪井といった一線級を軒並み欠いて、急造ディフェンスラインで気の毒だった。
だけど、もう少しチームができていれば、それなりに対処の方法はあったはず。
メンバーが抜けたから守備力がガタ落ちだ、というのは、程度にもよるけど基本的には、チーム戦術がなく個々の力に依存していることの証明だ。

今日の試合に限っては、僕は「ジーコのせいで負けた」とまでは思っていない。
だけど監督としての存在感の薄さや説得力のなさというのは、これまでの「ジーコのせいで負けた」いくつかの試合と共通だったんじゃないだろうか。
来年に引きずることはない、とジーコは言う。
例によって、その言葉の根拠は僕には見えない。
大敗したからといって、ジーコの首が危なくなるなんてこともなさそうだし、むやみに言い募ってみたってしょうがないことではあるけど。
スポンサーサイト
00:29 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。