--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Tue.

自立考

自立、ってことが少しまた心にのしかかってきている。
僕は今年1年、いろんな人たちに依存してきたと思う。
これはネット上に限らずだけど、ネット上に限ってみたって実に大変な依存ぶり。
そして、この依存というやつは、「本来は自立していて、いつでも自立状態に戻れる」人がしていれば美しく、「依存せざるをえない」人がしていれば醜くなる、という傾向があると思う。
特に、「自立の余地があるのになんだかんだで依存せざるをえなくなっている人」がしていたりすれば最悪で、僕に好感を持てない人というのは大半、意識的にせよ無意識にせよ、僕に対してそういう認識を抱いているのじゃないかと思う。
僕自身も、そのへんが実は部分的にはあやふやで、「いつ?いつ動き出せる?いつ踏み切ればいい?いつまでに踏み切らないと醜くなる?まだ間に合うのか?一体いつまで?」という自問自答をのべつまくなし繰り広げている。
それが精神的な圧迫になって、たぶん言動からもゆとりを奪っていると思うのだけど。

最近、精一杯コントロールしていたつもりでもなお、ネット上で人を幻滅させていたという手痛い経験をして、どうやら急激にそのへんの意識が高まってきているらしい。
でも、だからといって自分らしいバランスを取り戻す手立てがつかめているわけではないから、少し混乱してしまっている。
たぶん、僕はずっとずっと何年もの昔から、卑屈になることが怖かった。
卑屈になったらおしまいだ、という意識はものすごく強かったし、僕の危険性はもっぱらそこにある、と信じ込んでいた。
だけど、実はそうじゃなかったのかもしれない。
卑屈になるまいとして、必死で胸を張り、背筋を伸ばして、逆に押し付けがましくなる危険だって当然あった、のかもしれない。
まあこのあたりは、まだ憶測の域を出ないけど。


そして、そういう危険性の根というのはひょっとしたら、事情がどうあれ僕が現に自立できていないという一点にあるのかも、とちょっと思ってしまったわけなのです。
極論だけど、誰が離れていっても自分は自分といいうるほどの余裕があるなら、誰も離れてなどいかないんじゃないだろうか。
もちろん性格的なものもあるにせよ、少なくとも僕の性格なら。
でも、余裕がなくて内面がジェットコースターのようなら、どうコントロールしたって自分を維持できない部分がどこかに顔を覗かせる。
そして、そういう「コントロールできない部分」まで含めた全体像がいわゆる人間性というものなので、それを見て幻滅する人だって出てくるだろうし、その幻滅を責めるわけにもいかない。
たとえば、それは本当の僕じゃない、なんていう言い訳は通用しない。
それでも、僕は僕なりに試行錯誤したり軌道修正したりしつつ、自分らしさを守って前向きに、一歩一歩やっていくしかないわけだけど。

トラブルが降りかかるまで、僕はすっかり安心していた部分があった。
少なくとも、この一点では、僕は成長できた、ここでは僕は安心していていいんだ、という甘えがあった、のかもしれない。
でもひょっとしたら、本当に安心できる日なんてものは、文字通りの意味での自立を果たすときまでやってこないものなのかも。
今はなんとなく、そういうふうに思っている。
スポンサーサイト
18:42 | 病的独白 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。