--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

劇場版 機動戦士ガンダム

ヤフー動画の劇場版ガンダム、ぶじ3日連続で三部作を見終えました。
第1部を見た段階では、むかし見たときの方がよかったみたいなことを匂わせていたけど、そうでもなかった。
やっぱり素晴らしいです。初代ガンダム。
改めて皆さんにお薦め。(笑)
http://streaming.yahoo.co.jp/ch/bandai/program/program?c=bch&k=10002
再三いってることだけど、これはそこらに溢れかえってるロボットちゃんばらアニメじゃなく、人間ドラマなのです。
挿入歌の古くささだけは覆いようもないけど、ほかの点ではまったく名作の名に恥じない。
まさに特別な作品だと思います。


しかしあのリアリティ。
ここでいうリアリティとは、よくいわれるメカの精密さとか、SF的世界観の作り込み、っていったレベルの話ばかりではないのですよ。(すまし顔
登場人物の心の動き、すれ違い、つながり、といったもののリアリティ。
ジオン軍は悪、ではない。
連邦軍は正義、でもない。
今のどこかの国の大統領も、子供時代にああいうハイレベルな日本アニメでしっかり情操教育をやっておけば、あんな頭の悪いヒトラーみたいな何一つトリエのないバカキャラとして歴史に名を残すこともなかっただろうに。

物語の中で、試作品の寄せ集めであるホワイト・ベース部隊は、正常な部隊編成に繰り込まれる暇もなくあちこちの戦場に駆り立てられ、その中で奇跡的な戦果を挙げ続けていくわけだけど。
そうした主人公たちの立場上、後に1年戦争と呼ばれることになるこの戦争の全貌については、主人公たちと同様、実はわれわれ視聴者も、完全に把握できるわけではなく。
転々と変わる上層部の命令のままにあちらに飛ばされこちらに飛ばされしながら、目の前に起こる事態への対処だけに忙殺されていくことになります。
でも、そんな中でも、人は生きて死んでいく。


そして、たとえばあの雑魚キャラの代名詞「ザク」が、いかに戦争のあり方を変えた革命的兵器だったか。
その発展的機種として次々と試作され、たちまち量産されては戦線に投入されていくグフ、ドム、ゲルググなどがいかに画期的かつ現実的なコンセプトに基づく恐るべき兵器だったか。
そうしたごく現実的な描写を重ねる中で、戦争の情景は短い日々の間に容赦なく変わり、激しさを増し、当初は圧倒的だった試作新兵器ガンダムの特殊性・優越性も、物語が進むにつれて徐々に鋭さを失っていく。
そういう中から鮮烈に浮かび上がってくるのは、個人の存在や思いがいかに小さく無力で、でも生き残った者たちの心に鮮烈な印象を残すものか、という事実。
これ以上は、ネタバレになりすぎるので僕は書かないけど。

見る価値は必ずあります。
ハマる人は本当にハマるだろうと思う。
間違っても、この作品の続編のシリーズや愚にもつかないノベライズド本を見て、この初代ガンダムまでバカにしてかからないように。(笑)
まったくの別物というか、これはもう、奇跡的な結実というべき名作なんだから。
1つだけ補足。
この劇場版ガンダム、DVDで見るのはやめた方がいいです。
ビデオ版はまっとうなんだけど、なぜかそれをDVDに移植するときに、おバカな担当者たちがかつての声優を再集結させて声をぜんぶ録り直し、効果音も入れ直し、という愚挙をして。
せっかくの名作が台無し、というのがもっぱらのウワサです。
なので、見ようと思う方はこのヤフー動画か、さもなきゃビデオ版でどうぞ。
くれぐれも。
スポンサーサイト
23:32 | 映画批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。