--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

中村勘九郎の謝罪会見

何かの芸能ニュースで、息子の不祥事についての中村勘九郎の謝罪会見を見た。
http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/jiken/news/20050131k0000m040056000c.html
しかし人格者だねえ。勘九郎。
こういう場になると、普段しっかりしてる人でも何を言っていいのかわからなくなって、言葉が本音でなくなり、魅力もクソもなくなってしまうケースが多い。
その点、この人は片言隻句に至るまで本音で、こういう問題になると容赦のないはずの芸能マスコミさえ静かに礼儀正しくなっているのが面白かった。
もちろん、そうそう踏み込めないくらいの有力者だっていうのが第一だろうけど、場の空気が決して批判一色にはなってなくて。
勘九郎の人望だな、と思った。

不祥事を起こした息子にしたって、酔っ払ってたのをいいことに3時間もタクシーで連れ回されていた可能性もあるみたいだし、もしそういうことだったとすれば怒るのも無理はない。
仮にそうだとしても、殴った相手が当のタクシー運転手じゃなく警官だったのがなんともまずかったわけだけど。
ただ、この人は顔を見てもそんなに悪くないし(たとえば三田佳子の息子のように、一見して人格の崩れが見て取れるような愚物の顔とはほど遠い)、多分どうってこともなく立ち直れることでしょう。
三田なんとかとは逆に本人が繊弱過ぎて、この件でビビりきってしまったら別だけど。
スパッと一言謝って、あとはそ知らぬ顔して再出発してくれたらいいなと思っています。
がんばれ。中村なんとか。
記事を書いた手前、続報には多少気を配っていたものの。
事件の性質上ってことなのか、あまり詳しい情報は聞こえてこないみたいですね。
中村ジュニアに都合のいい情報ならわりとすぐに表ざたになるだろうから、それが出てこないってことは、つまり友人たちが中村ジュニアを押し込んだタクシーと、最後に問題になったタクシーとは別の車だったってことになるのかな。
その2つが同じ車なら、3時間もの乗車時間がとうぜん問題になるはずだから。
それとも、その点は最後まで藪の中なんだろうか?(1:44)
スポンサーサイト
17:09 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。