--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

ブログ・アフィリエイト考

昨日、夜になるころにはもう何もできそうにないのがはっきりしていて、鬱気味で、主に経済的な見通しが立たないことをひどくストレスに感じる状態だった。
ので、これまでも何度か漠然と思い描いてきた「ブログ形式のアフィリエイトによる小銭稼ぎ」という方法について、これまでよりちょっとは具体的に検討してみた。
いろいろとノウハウサイトも当たってみて、現実的なところを。
それでわかったことはといえば、当たり前といえば当たり前だけど、なんとか金を生み出そう、という姿勢の小遣い稼ぎサイトはダメらしいね。
趣味なら趣味で、どんなに狭いニッチでもいいから専門分野を追求して、サイトとして面白かったり便利だったりすることが大前提らしい。
で、そう考えてみると、僕にはどうも、これという専門分野はない、という結論になりました。
今からことさらに追求したいような分野も特にないし。

ただ強いていえば、人間というものへの興味とか、ものの良し悪しを感じ取る個人的なセンス、は皆無ではないと思うので、そういう総合家的なセンスが果たしてアフィリエイトという方法の中でも説得力を持ちうるものかどうか、試しにやってみてもいいんじゃないか?
と思うようになった。
具体的にいうなら、それは「関心空間」方式。
http://www.kanshin.com/
「僕という人間が、興味を持ったもの」を批評して、それをデータベース化していくことで、そこに何らかの価値を生んでいくことはできないか、という発想です。
発想も何もないってくらい単純かつ非商業的なアイディアだけど、それしかないならそれをやってみるべきだし、それをやってみることによって、後から思いつくアイディアだってあるかもしれないし。
最悪、その取り組みを通して「僕はアフィリエイトではどうにもならない」という確認ができるかもしれない。
そうすれば今後は、これまでも数回にわたって僕の頭を悩ませてきた「アフィリエイトで少しくらいは稼げないものか?」という邪念ときれいさっぱりおさらばできるという計算です。


だからとにかく、何も手につかずに呆然としているよりは、やってみてもいいかもしれない。
もちろん、ここで扱うのは、僕の「好きになれるもの」に限定する必要があるね。
いつものように、批評すれば3つに2つはこき下ろす、という態度ではどうにもならないし、僕は好きになれないものを偽って褒めるなんて器用なことはできないし。
それからもう1つ思ったのは、「実際に取り掛かるのは、6月の完治(※Wさんによる完治予想時期)を待ってからのほうがよさそうだ」ということ。
やっぱり、日記にしてもこのブログにしてもそうだけど、鬱状態というのは文章に反映されてしまう。
なんとなく持って回った言い回し、妙に引っかかる毒舌、といったものが、どうしても顔をのぞかせることになると思う。
だから、アフィリエイト的なものをやるとしても、6月までは勉強とか取材的なこととか資料の整理に当てて、新ブログの立ち上げや原稿書きは6月以降に回す。
というのが妥当な態度なんじゃないかと。
そんなふうに思いました。

まあそうこうするうちに、6月を待たずに「いいや、アフィリエイトは。面倒くさいし」となる確率が99%だけど。(笑)
とにかく今の段階では以上のようなことを考えました。
スポンサーサイト
14:53 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。