--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

J・P・ホーガン「星を継ぐもの」を読む

今日はウォーキングに行くのをやめにしてから、おやつ+読書タイムを取って、SF小説「星を継ぐもの」の最後の方を読みました。
読み終えて思うこととしては、とりあえず評判ほどの作品ではなかった。
まず最大の問題は、昨日の段階で判明したことだけど、この作品の最大の謎(科学的に究明されるべきテーマ。ネタバレを避けるためここでは言及しない)が、あまりにも見え透いていすぎること。
僕は小説の初めの3分の1くらいのところでこの謎が提起されて、学者たちの話し合いが紛糾した最初の段階で、頭の中にある仮説を思い浮かべていたんだけど。
登場人物たちの誰一人、僕と同じ仮説を唱える役回りの人がいないもんだから、「いや、これは・・・?そんなバカな、こんな幼稚な謎を設定するわけがないだろうし。・・・でもまさか?」みたいな居心地の悪さを引きずったまま、物語の終盤まで読み進んでいたんだけど。

昨日、治療前の昼食をとりながらだったか、ついにその謎が解き明かされるシーンを読んで、そのむずがゆさは頂点に達しましたとさ。
どうもこうも、・・・大正解でやんの。(呆
散々もったいをつけて、主人公のハントとかいう学者先生はカッコつけまくりでキザったらしく、正確に僕の予期した通りの謎解きを披露して。
・・・待望の解答が与えられ、科学界は興奮の波に洗われ、マスコミ界は新たな取材合戦に狂乱を呈した。反論も異説もほとんど出なかった。ハントの仮説はもとより反論異説のつけ入る隙がなかった。ハントは完璧に責任を果たしたのだ。・・・
だとさ。
あまりにも酷すぎるよ、この古典的傑作は。

作者のJPホーガンさんとやら、科学的知識の深さ豊富さは見事な域だけど、人間ってものの賢さをまったく理解してないとしか思えない。
その程度の想像力なら、なにも主人公のスーパースター学者先生じゃなくったって、何人かに一人くらいは確実に備えているから、謎解きの論争をするうちには必ず一部の学者たちが正解にたどり着いてるよ。
僕だけが特別なのかも、なんて妄想に酔うにはあまりにも素朴すぎる、あまりにも初歩的なことだよワトスン君的な、単純明快な予定調和の、謎。
ただそれよりちょっと後、ダンチェッカーという別の学者が指摘することになるもう1つの謎解きの要素は、僕の想像よりももう1枚入り組んだもので、僕も予期できていなかったけど。
でもそれは、あくまでも添え物的なもので、メインディッシュはあくまでも上の見え透いた謎解きの方だから。
お話になりゃしません。

そういえば、登場人物はことごとく欧米白色人種らしいって点も実に妙だったな。(笑)
ラストでやっと、スーダンの発掘現場で働く現地人たち、なる人々が出てくるけど、彼らは明らかに単純労働力だし。
こういう種類の視野狭窄は、未来を描くSFではあまり見たくない。


あと、毒舌ついでにいうと、翻訳も悪すぎ。
翻訳者は池央耳火(「耳火」で1文字。読み方は知らない)という人なので、翻訳にこだわる方はブラックリストに載せといた方が無難でしょう。(※追記参照)
具体的に指摘すると、そのままじゃ明らかに意味が通らない場所を平気で放置してしまってる箇所が特に前半、何箇所かあった。
たとえば、たぶん原語はearthなんとかだと思うけど、「地球上」と訳してあるんだよね。
でも、そこで「地球上」が出てくるわけがないんだ。
地球上の話と行き来してるから判断が難しくはあるけど、そこは別の惑星の話をしてると解釈しなきゃ意味が通らないんだから。(笑)
「大地の上」、つまり「陸上」と訳さなきゃ意味の取りようがないのに、平気でそのままにしてる。

それから、主人公とダンチェッカーの関係の変化を、あまりにも素朴に両者の話し方に反映させすぎている点もものすごく不満で興が冷めました。
身分が下になった途端に(厳密にいえば、下というにも当たらないんだけど)、畏まって敬語を使いまくるダンチェッカー。
つい先日まで丁寧語を使っていたはずなのに、「~かね?」という具合ににわかに尊大ぶる主人公ハント。
2人にはかなり長回しの対話シーンもあるので、その違和感は無視しようもなく。
日本語は、そういうあたりをしっかり訳し分けないと、登場人物たちの人間性をさえ狂わせてしまう。
そういう意味でも、この本は非常にお粗末でした。
なんだかんだいいつつ、もうシリーズ3作ぜんぶ買ってしまったから、これから続編2冊を読まなきゃならないんだけれども。
※追記(3/21 12:47)
翻訳者の人、よくよく調べてみたところ、僕の好きなアイザック・アシモフ「黒後家蜘蛛の会」や「象牙の塔の殺人」と同じ人。(汗
もちろんそうだからといって、この作品の翻訳についての僕の批評は変わらないけど。
ただまあ、ブラックリストとは書いたけど、やっぱりグレーリスト程度にしといてください。
と一応フォローしとく。
スポンサーサイト
04:19 | 書籍批評 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。