--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

吉田秀彦-ヴァンダレイ・シウバ戦を見る

今日は9時からプライドを見て、吉田秀彦-ヴァンダレイ・シウバ戦にいたく感銘を受けました。
吉田は正真正銘の達人で人物。
あれほど美しいファイターがいるか、と思う。
あの物柔らかな顔をした人が、正視するに耐えないほどの野生的な迫力と破壊力を持つシウバを相手に、いかに誇り高く戦ったか。
しかも、これが初めての対戦ってわけじゃない。
だからあの激戦は決して、フロックなんかじゃない。

プライド・ミドル級では一度も負けたことがないという文字通りの最強王者。
ムエタイ・スタイルを基本としながら柔道でも黒帯を持ち、どんな展開の中ででも隙を見せずに容赦なく勝利をもぎ取るコンプリート・ファイターのシウバを相手に、吉田はすでに一度、判定にまでもつれ込む大接戦を戦っている。
ノックアウトで試合を終わらないことなどほとんどないシウバが、見かけによらない彼一流の真摯さも手伝って、今度はああはいかない、必ずきれいに終わらせてみせる、と再戦を望んだときに、彼は逃げてもよかった。
もともと、30を過ぎて柔道の現役を離れ、一念発起して始めた総合格闘技で、現実的に考えるなら文字通りの頂点に立つことなど、ほとんどドンキホーテの風車だ。
ところが彼は、穏やかな笑顔の裏で、本気でそういうことを考えている人だった。
猛獣のようなシウバの突進の前に、もう一度柔道着ひとつをまとって立つことを選んだ。

戦いの詳細は、スポーツナビなんかで詳しく見られるだろうからここでは書かない。
ただ最後の最後まで、吉田はシウバを苦しめ続けた。
戦いは終始、互いの敬意を感じさせる限りなくクリーンなもので、シウバが相手によっては破裂させる野蛮さなどとはまったく無縁だった。
最終3ラウンドにローキックを多用して主導権を握ったシウバの攻勢を前に、吉田は脚を引きずって、初めて明らかな劣勢に立った。
それでもなお、彼は一瞬の勝機に賭けてシウバをグラウンド(寝技)の攻防に引きずり込み、締め技であわよくばタップを、というところまで攻め返して見せた。
シウバはそれをよく凌ぎ、判定となればちょっと無理か、という空気の中で試合終了のゴングが鳴った。
2人は淡々と互いを称え合い、淡々とコーナーに引き上げた。
そして、ジャッジペーパーが集計され、読み上げられた。

「ジャッジ○○、──吉田」
吉田は驚いたように苦笑して、やや困惑した様子を見せた。
こんなので勝ったことにされても困るんだけどな、というバカ正直なくらいの表情だった。
シウバも一瞬、意外の感に打たれたような顔をしたものの、表情を鎮めて、静かに次のコールを待つ。
「──シウバ、・・・──シウバ。以上2-1の判定によりまして、勝者・シウバ」
吉田は初めて心から破顔して、シウバのもとに祝福に歩み寄った。
シウバも心からの笑みで、改めて吉田の健闘を称える。
試合後のインタビューで、2-1というジャッジについての記者の質問に答えたシウバのコメントが印象的だった。
「いい試合をしたと思うので、2-1には納得している。でも私が勝ったということには変わりはない」(スポーツナビの記事より)
スポンサーサイト
04:09 | スポーツ | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。