--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

OutlookExpressに計り知れない憎悪

マイクロソフトのOutlookExpressに計り知れない憎悪。
もう滅んでほしい。倒産してほしい。
ビルゲイツだかジュリアロバーツだか知らないが(←とばっちり)、社員もろとも路頭に迷え。
野垂れ死ね。

これは、これっぱかしも冗談ごとじゃなく。
勝手にヤフーアドレスからメールをダウンロードして取り込んで、それだけならまだしも、ヤフーのネット上のサーバーからはぜんぶ消しやがった。
そういう設定を明確に意図してやった覚えが僕にはなく、しかも僕はパソには詳しくないものの、一般的にいって極度に慎重で、過去の人とのやり取りを大切に残そうとする人間だ。
おまけに、基本的に、僕はこのOutlookというソフトをもともとまったく評価していない。
かつて試したときに、無駄に重くてゴミクズのようなソフトだなと思ってやめた。
というか挫折した。
それを久々に開いてみたのは、このあいだ登録した新サーバーのメールアドレスが機能するかどうかチェックするためでしかない。
そして2つ3つ、不得要領のままフォルダを開閉するうちに、こういうことになった。

じゃあ、かくなる上は、パソ内のフォルダに大事に保存することにすれば一応いいかというと、そうはいかない。
このバカOutlookは、ダウンロードしたメールを独自の規格で保存してしまうらしく、すべてのメールの情報がたった1つの、~.pstというキテレツな拡張子のファイルにまとめられてしまう。
ノートソフトなんかで開いてみても、暗号化されてるのか何なのか、マトモな文字列なんかは出て来やしない。
要するに、Outlookでしか開くに開けない独自の規格に変換されてしまうらしいのだ。
これでは事実上、もう復元は不可能だ。


しかも、文句の種はまだまだある。
僕はマイクロソフト社のオフィシャルのヘルプページほど検索性の低いQ&Aを、パソを始めてこのかた一度として見たことがない。
何を探そうとしても、目的の内容には決してたどり着けないようにできている。
そもそも、設計理念からして根本的に間違っているのだ。
すべての情報が、作り手側の価値付けに従って網羅されてしまっている。
天下のマイクロソフト、検索のシステムは完全無欠だ。何を訊いても山ほどの情報が吐き出されてくる。
が、それが操作に迷ったソフトユーザーのニーズとはまったく一致していない。
技術バカのコチコチの技術者が自らに酔うために作ったとしか思えない。

今回、僕はマイクロソフトにハラワタが煮えくり返るほど腹を立てているけど、この自己満足丸出しのQ&Aの問題は、それよりずっと前からの変わらざる認識だ。
こういう企業には、サポートも期待できない。
こういう企業が幅をきかせていることを心から残念に思う。
メールを手紙のように使おうと、高速の実用的な連絡手段として使い捨てようと、それは個人の勝手というものだ。
僕は前者であり、そして言わせてもらえば、このクソOutlookは、ごく明確に後者に特化して作られている。
そういう感触が、僕のこの憎悪の本質だ。


人文的な感覚の欠落した、技術面以外は盲も同然の、専門バカ丸出しの純粋技術者という人種は根絶されるべきだ。
Outlookといいヘルプページといい、マイクロソフトにはそういう臭いがプンプンする。
虫唾が走るほどに嫌いな空気が。
そして、そういう人種の作るものは、僕にとって往々にして足手まといだ。
Windowsそのものはどうなのか、というツッコミはやめにしてもらいたい。
Windowsは一切を可能にするために作られ、いわば設計思想というものが比較的出にくい、一段上のポジションにあるものだ。
目的意識が鮮明な下位のソフトになれば、作り手の人格や思いは、人間音痴の技術バカどもにはわからないレベルでむき出しにユーザーに伝わってくる。

高ければ高さが、低ければ低さが伝わる。
だから、WordやExcelならまだしもOutlookなど、僕は使いたくもない。
そのソフトが勝手にバカをやって、自分にはそれをどうすることもできないことを思うと、鳥肌が立つほどに腹立たしい。
だから冒頭の、路頭に迷え、野垂れ死ね、という呪いが口をつくようなことにもなるのだ。
マイクロソフトの独占状態、滅んでほしい。
国産メーカーたち、いつまでもWindowsにおもねっていないで、新興の中印あたりと組んでアジア圏独自の一大規格を立ち上げてくれないかな。
そんなことでも思わないと、この胸糞悪さはどうにもならない。
スポンサーサイト
03:17 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。