--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

「不慮の事故」は防げるか

今日の毎日新聞の夕刊に
「幼児の死は不慮の事故によるものが最も多く、その多くはわずかな注意で防げるものだ」
という趣旨の記事が載っていたけど、あの記事は果たしてどうかと思いましたね。
個人的には、少しばかり無神経な印象を受けました。
記事本文はまだしもそれなりの妥当性も感じられるものだったけど、何よりもその「少しの注意で防止可能」という見出しに。

たしかに、幼児の死は不慮の事故によるものが多いでしょう。
その不慮の事故は、幼児と一緒にいた親なり誰なりが、わずかな注意を欠いた隙に起きていることでしょう。
でもだからといって、そのことが「わずかな注意で防げる」ことを意味しているのかといったら、それは違う。
と思うのです。


絶えず絶えず、24時間、目配り気配りしながら懸命にわが子を育てている親がいたとする。
でも、その注意の目がふっとよそにそれたときに、わずかな不幸な偶然が重なれば、幼児は死にます。
まさにその運命的な瞬間に、親なり誰なりの注意がそれてさえいなければ、それは防げたはずの事態だったかもしれない。
でも、一体いつがその運命的な瞬間なのかなんてことは、誰にもわからない。
そしてどんな超人的な注意力と愛情を持った親だって、文字通りの意味では決して、24時間抜かりなく目配りを続けることはできません。

ビニール袋を出しっぱなしにするなといったって、一体どこの誰が、わが子をビニール袋から完全に隔離できるものか?と思う。
読者にそのごく当たり前な事実を「踏まえさせる」ための工夫が、あの記事にはなされていない。
「わずかな注意で防げる」というのは厳密にいえば実はまったくの空論であって、ある特定の運命的な瞬間に注意がそれてしまうということは、むしろ事実上の不可抗力だと思うのです。
人間の子供といえども、実際は絶えず死の危険にさらされながら成長していくものであって、死というのは可能性こそ低いものの、ごくあたりまえに起こりうることだ、という認識が底になければ、記事は不運に見舞われた親たちにとってきわめて公平を欠いたものになってしまう。


ほんのわずかな不幸な偶然から子供を亡くしたり、一生残るような障害を負わせたりしてしまって、深く自分を責めている親があんな記事を見たらどう思うか。
この記事には、そういう部分への気配りもなければ、工夫もない。
と思って、小さなことながらもちょっと腹立たしく思いました。
たとえば、一種のよき放任主義で、子供を毎日外で遊ばせて、泥だらけで帰ってくるわが子を明るく迎えているようなお母さんがいたとして、その子がある日、公園の池で溺死してしまったとする。
その母親を責める権利が、誰にあるものか、ということを思う。
そういう意識が高い担当者であったなら、同じ内容の記事を書くとしても、多分こういう書き方はしなかったんじゃないか、と思えてしまって物足りなかった。
スポンサーサイト
22:30 | 時事・社会 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。