--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

古畑SMAPスペシャルのオチはちょっと厳しい

録画しておいた古畑任三郎のSMAPスペシャルを見た。
懸案の(?)スマップはそれなりにがんばっていたものの、脚本としては平均弱くらいの出来だったかな。
以下、ネタバレ含む・・・ネタバレを含む内容っていうのはつまり、「犯人に泥を吐かせる上での、肝心かなめの最後の決定打に、致命的な欠陥がある」という点だけど。
たぶん、今回の再放送であの作品を見た人なら、僕がこれから書くことの意味はすんなりわかるんじゃないかと思う。

古畑さんは犯人が、「被害者の作っていた紙の雪が三角ではなく四角だったと知っているはずがない」ことを根拠に、犯人の失言を追及するわけだけど、あれは実はごく簡単に言い逃れができてしまうんだよね。
あのシーンで犯人がもし「ああ、それはスタッフから聞いたんスよ。『死人の悪口は言いたくないけど、最後に作っていた紙の雪も、あんなに三角にと言ってあったのに四角く切っちゃってて、・・・最後まで仕事に取り組む姿勢は変わらなかったねえ』って。誰から聞いたんだったかな、通りすがりに小耳に挟んだだけだから、ちょっと忘れちゃいました」とでも言ったらどうするんだろう。
その瞬間に、たぶん犯人は証拠不十分で不起訴決定だよ。

刑事ドラマは鑑賞して楽しめればそれでいい、という考え方もあると思うけど、本当に上質な刑事ドラマなら、少なくともドラマの成立している箱庭的な世界観の範囲内では、完璧じゃなきゃダメだと思う。
だいたい、僕はドラマを見ていてリアルタイムでその問題に思い至ったから、ドラマの箱庭の中でさえも居心地が悪いままクライマックスシーンを迎えなきゃならなかったし。
古畑ドラマでいえば、津川雅彦演じる老作家がメインの回や、名前は忘れたけどビリヤードが得意なバタ臭い顔のイケメン俳優がおヒョイさんを殺害する「ゲームの達人」と題する回、それに古畑引退スペシャル3部作の松島奈々子が二役で登場する回、なんかがそれに当たる。
あのへんはもう、古畑任三郎の秀逸なキャラクター性もあいまって、極上のエンタテイメントなんだけど、このスマップの回は残念ながらその水準には遠かったな。

というわけで。まあなんというか。
『残念でしたァ・・・』©古畑任三郎
01:39 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

「よろしかったでしょうか」問題について

某所某コミュの「よろしかったでしょうか」トピックでちょっと書き込みをして、なかなかうまくまとまったと思うのでこっちにもコピー&ペースト。

※※※※※


「よろしかったでしょうか」で正しい場合ももちろんあるわけですけど、あくまでも『過去にその旨の確認を一度は取ってある場合の、再確認としての表現』でしょうね。

たとえばランチのセットを頼んだ客に飲み物を選ばせる際、従業員が「お飲み物はコーヒーでよろしいですか?」と訊くとする。そのとき、代わりに「よろしかったでしょうか?」と言うのは日本語としては間違いだと思います。
「コーヒーでよろしかったでしょうか?」といきなり訊かれれば、客としては「よろしかったも何も、私まだ選んでないんですけど・・・」という反応になる。

逆に、客が「じゃあコーヒーで」と発注して、その後店側がいろいろと手間取り、しばらくして待ちわびている客にオーダーの再確認を取る場合。
「お待たせしました。A定食でしたね。お飲み物はコーヒーでよろしかったでしょうか?」
ここでは、「よろしかったでしょうか?」が日本語としては正しく、「よろしいでしょうか?」ではかえって「あの、さっき言ったんですけど・・・」という反射が起きる「可能性も」出てきます。

「可能性も」というのはつまり、客のオーダーがまだ多少流動的だった場合は何も問題がない(むしろ客としてももう一度あらためて選ばせてほしいかもしれない)一方で、オーダーはほぼ確定していて店側が確認に手間取っただけ、というケースでは反発が起きる可能性は高くなる、という程度の意味ですが。

要するに、この2つの表現の使い分けは、単純にその場その場の状況に応じて決まるものと思えばよいのじゃないでしょうか。
そして使い分けの基準は、マナーやルールや好みといった次元の問題ではなく、単に時系列に依存する、のではないかと僕は思っています。
接客の場での「よろしかったでしょうか」が問題になるのは、まさにその時系列を踏み越して、客側の選択に先回りしてしまう点を問題にしているのだろうと思います。
18:46 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

JOKER-MXウェブホスティング閉鎖にまつわる不可解な一事例

たしかにおかしい、旧JOKER-MX/現JOKERホスティング問題。
「HDDクラッシュの果て」
「【不正広告】無料ホスティング JOKER-MX【学校鯖?】」(※2ch注意!)

2chの方は、ラストの数件だけが最近の問題についてのコメントで、ほかは読まなくていいと思う。というより僕自身でさえ読んでないからどっちでもという感じ。
しかし、その2ch記事中でもちょっとだけ話題になってる、JOKER運営者によって不当に削除されたと思しきトピックの2件目の書き込みは、実は僕が書いたものなのですよ・・・書き込みの用件そのものとがどうというよりも、それによって運営者の誠意のほどを推し量って、場合によっては有料サービスに登録もしようし、というところで迷いがあって。
でも結果的に、僕はその書き込みをしたことによって、誠意のない対応をして省みない運営者のトピック削除の直接の被害者ってことになってしまった。

大事な問題なので、以下に削除される前のトピックの全体像をコピー&ペーストしてみます。というのも、ちょっと運営者の挙動がおかしくなりつつあるのを感じていたこともあって、念のために控えを取っといたんだよね。(笑)本当に役に立ってしまう日が来ないことを願っていたけど、残念ながら使いものになってしまったというわけだ。

日時: Fri Aug 25, 2006 12:15 am 記事の件名: 無料時代のユーザデータ
に関する告知ですが、
ユーザデータを戻せるかもといった情報以降
進展が確認できません。

どうなりました。


有料ページへリダイレクトするのは良いですが、
こちらのトップページへ一定の期間は、無料時代のユーザへの謝罪なり案内なりを最低限載せておくべきじゃないですか。

日時: Fri Aug 25, 2006 3:55 am 記事の件名: Re: 無料時代のユーザデータ
bb wrote:
有料ページへリダイレクトするのは良いですが、
こちらのトップページへ一定の期間は、無料時代のユーザへの謝罪なり案内なりを最低限載せておくべきじゃないですか。

無料時代の1ユーザーです。
たしかに、今のようなやり方だと元URLを見に来た方に「自分の意志でサイトをやめた」と誤認されてしまうんですよね。ちょっと困ってます。
なんらかの事情説明のページを表示して、そこから有料サービスのトップページへのリンクを張っておく、という程度の形にならないものでしょうか?

ユーザーデータに関しても、状況を知る手段だったサポートフォーラムが突然閉鎖されて、それ以降はどう状況を知っていいものかもわからないという状態のままなので・・・。
なんらかの工夫をお願いします。

さて。問題は、このトピックを有無をいわせず丸ごと削除して、口を拭ってだんまりを決め込むような運営者が果たしてマトモといえるかどうかということと、そういう運営者が新たに立ち上げた有料のウェブホスティングサービスが、果たして利用するに値するだろうか、あるいは安心して利用しうるものといえるだろうか、という点。
個人的に、僕は残念ながら、このJOKERウェブホスティングに関して、僕自身が関わらないつもりであるのみならず、周囲にも積極的に「利用しない方がいいよ」といわざるをえない。僕と同じような思いをしてほしくないから。
だからまさに今も、後味の悪い思いをかみ殺しながら、こうして事実を書き残しておく作業に取り組んでいる。こういうのは、実情を目の当たりにした者の、いわば一種の社会的な義務だと僕は思っているから。

無料時代、お世話になっている間はいろいろよくしてもらって、多少サーバーは不安定だったとはいえ、一生懸命やってるのが伝わってきたから、とても応援もしていただけに、すごく残念なんだけど・・・そこで嫌な思いをしていなかったからこそ、新しい有料サービスへの登録も検討していたわけだし。
いったい、どういう種類の欠落なんだろう、運営者にああいう対処を取らせてしまったところのものは。僕にはどうも理解できない。
ウェブホスティング「サービス」というサービス業、要するに客商売をやる上で、絶対に外しちゃいけない一点は、結局のところ、来客に対する誠意ある対応ってことだったと僕は思う。
それを外してしまうサービスは、結局、サービスたり得ない。
02:47 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

重大告知(日記から転載)

※重大告知※

すでにお気づきの方もいるかと思いますが、この日記およびブログ本体サイトが消えています。サーバートラブルによって、どうやら再起不能ということらしくて。
引越し通知さえちゃんとやれないかもしれない(技術的に不可能なのか、サーバー主さんの気持ち次第のことなのか、今のところまだよくわからない)ってことにははなはだゲンナリだけど、そのへんはまだもう少し様子を見るしかない。

まあとにかく、僕としてはサイトを畳む気は毛頭ないんですが、続けるにしてもどうするのか、今後は有料サービスに移行する計画らしい旧サーバー主さんに再びお世話になっても果たして大丈夫なのか否か、などなど、考えなければならないことが山積みで、しばらくはネット根無し草生活(?)を強いられることになりそうです。
その間は、この日記ブログが仮の住まいということになるのでどうぞよろしく。

ちなみに前のデザインは、親サイトのCSSファイルを読み込んで構成していた部分があって、あのままだと立て直しようもないので、とりあえずそれぞれ借り衣装をまとってごまかすことにしました。
あ、あと、掲示板も生きてます・・・壁紙はとうぜん消えてるけど。いずれこのへんはリンクを張って連携させることにしよう。(ブツブツ
なにやらややこしい事態ですが、災難にめげず粘る予定なので今後ともどうぞよろしく。
02:47 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

朝鮮日報に見る、世にも不思議なゴシップ記事の混在状況

作用と反作用、ということをそろそろシビアに考えて、社員に徹底してほしい朝鮮日報。
「『日本球界はイ・スンヨプの活躍を認めざるを得ないだろう』」

 韓火の金寅植(キム・インシク)監督も読売ジャイアンツのイ・スンヨプに対してかなりご満悦な様子だ。何よりも日本特有の思い上がりを打ち砕けたことで溜飲を下げたらしい。
(中略)
 金監督は「日本では相手が少しでも弱点を見せると見下す傾向がある。イ・スンヨプも現在のような調子じゃなかったらかなり軽く見られていたはず」と付け加えた。
 金監督は続いて日本野球のプライドを打ち砕いたエピソードを紹介した。
 2004年末、韓火の監督に就任した金監督は2軍選手団を率い、最終調整ため長崎に行った。そこで地元実業団チームの三菱重工長崎が練習試合を申し込んできた。実践練習でチームの実力を試してみたかった金監督はその申し込みを快諾したという。
 実業団野球の強豪として知られる三菱重工長崎は、当時韓火のチェ・イルウォン投手コーチから「金泰均(キム・テギュン)、李机浩(イ・ボムホ)を除けば、全員2軍選手」という言葉を聞いて意気揚々としたらしい。
 しかし、韓火は1回戦でキム・インチョルのホームランで逆転勝利を収め、2回戦も完勝した。韓国野球を甘く見た三菱重工長崎はプライドをズタズタにされ、その後は練習試合の申し込みもこなくなったという。
 金監督は「彼らは相手が大したことなさそうに見えて得意になっていたようだが、2度も負けたのでおそらく相当傷ついたはず」とし、笑みをこぼした。
 金監督としてはイ・スンヨプが日本人の鼻っ柱をへし折ってくれて、痛快極まりないといったところだ。

問題はこの金監督ではなく──彼が果たして、この記事通りのニュアンスでクソ意地悪い偏向発言を繰り広げたかどうか、文字媒体からは決して判断できない。というよりむしろ、恐らくこの金監督は冗談を交えた武勇伝として上記のエピソードを語っただけなのではないかと僕は睨んでいる──、もっぱらこの記事を書いた愚かな記者であり、その記事をむざむざと通過させた愚かな編集者であり、そうした記者や編集者を野放しにしてきた朝鮮日報の上層部であることは言うまでもない。

いい記事もたくさん載せてるし、僕もいろいろ言及したこともある新聞だけど、その同じ紙面にこういうゴミみたいなゲスの書いたバカ記事も載る。こういう記事は日本の大手紙には決して載らない。日本人の感性や美意識からすれば、怒りを通り越して不思議としかいいようのない、マトモな記事と三文ゴシップの混在だけど、こういう風景は残念ながら朝鮮日報だけに限った話ではなく、ライバル紙の中央日報などでも見かけるものだ。
率直にいって、このへんは日韓の文化の成熟度の違いということにならざるを得ないのかもしれない、と本気で思う。見かけるたび、思わず失笑して、そしてそのあとドッと疲れる。

韓国マスコミの有力者諸氏に、僕は言いたい。一定レベルの知性と文化性の感覚を持たない記者は、一流メディアなら淘汰しなければならない。それがあなたがたの重要な仕事の1つであるはずだ、と。
問題の人物は、おたくらの使ってるノ・ジェヒョンという名前の記者だよ、朝鮮日報のお偉方。こんな記事を載せることは、韓国マスコミ全体の体面を危うくするのみならず、何より異国で一人がんばっている当のイ・スンヨプの立場にも少しもいい影響はもたらさない。
一刻も早く、ゴシップ専門誌編集部の窓際あたりに配置転換するべきだ、こんな記者は。むしろ即刻クビにした方がいいくらいだ。

同じ「溜飲」記事でも、こういうの(←リンク)なんかはまあまあ、それなりにいい。ジョークの感覚がちゃんと行き届いて、最低限の敬意を保ちつつかつからかう、マトモな韓国人読者からしたらさぞかし面白いであろう記事になってるよ。(苦
それに比べて、まるで唇のひん曲がったように卑小なノ・ジェヒョン記事。どこが違うか、わからないほどのノータリンってわけじゃあるまいね、朝鮮日報のお偉方たち。
マスメディアの役割と影響力ということについて、朝鮮日報はもう少し考えた方がいい。
02:10 | 雑談・座談 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。